製品 2020年7月20日
トーヨーケム株式会社

トーヨーケム、抗ウイルス性ハードコート剤を開発

~抗ウイルス性と透明性を両立し、モバイル端末やフェイスシールドに応用可能~

トーヨーケム株式会社(代表取締役社長 町田 敏則、東京都中央区)は、これまでの抗菌性ハードコート剤に加え、新たに抗ウイルス性ハードコート剤を開発いたしました。

トーヨーケムは、UV架橋技術・微粒子分散技術を活かし、高透明・高機能なハードコート剤を、主にディスプレイやタッチパネル周辺市場向けに提供しています。近年、医療現場や教育現場におけるデジタル化が進みタッチパネル等の導入により利便性が向上する一方で、不特定多数の人が端末を「指で触る」機会が増えることで、菌やウイルスへの感染などのリスクが増加しており、衛生面での対策が求められています。
この度トーヨーケムは、抗菌性ハードコート剤「リオデュラス® AMBシリーズ」に加え、新たに抗ウイルス性ハードコート剤「リオデュラス® AVシリーズ」を開発いたしました。本製品は抗ウイルス性能評価の国際基準であるISO21702をクリアし、エンベロープを持つA型インフルエンザウイルスおよびノンエンベロープウイルスであるネコカリシウイルス(ノロウイルスの代替)に対し共に有効であることが確認されています。
また、抗ウイルス性を付与すると塗膜の透明性が失われてしまいますが、リオデュラス® AVシリーズは、トーヨーケムが持つ分散技術により、抗ウイルス性と透明性を両立することに成功しました。これからのwithコロナ時代において、モバイル端末のみならず、フェイスシールドやパーテーションなど、透明で人が触れる可能性のある様々な部材の保護への応用が可能です。

Image; If you click here, you can download the original image file (1200x709px).

新型コロナウイルス感染症は世界中に拡大し、百年に一度の危機に直面しています。感染者数を一時的に抑えることができたとしても、withコロナ時代として、今までとは異なる新しい生活が求められています。トーヨーケムは、ポリマー・テクノロジーから生まれた要素技術にさらに磨きをかけ、これからも「利便性」と「安心・安全」を兼ね備えた製品を皆さまに提供し続けていきます。

トーヨーケム製品ページ

抗ウイルス性ハードコート剤「リオデュラス® AVシリーズ」:
http://www.toyo-chem.com/ja/products/coatings/lioduras/av.html

抗菌性ハードコート剤「リオデュラス® AMBシリーズ」:
https://www.toyo-chem.com/ja/products/coatings/lioduras/amb.html

※ TOYOCHEM、TOYOCHEMロゴ、およびリオデュラスは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

トーヨーケム株式会社
エレクトロニクス営業本部
担当 西平
TEL: 03-3272-0904

報道・出版関連、その他一般の方々

東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
TEL: 03-3272-5720
Email: info@toyoinkgroup.com


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

更新日:2020年07月20日