その他 2018年3月14日
東洋インキSCホールディングス株式会社

アジアサスティナビリティ報告賞優秀賞を受賞

東洋インキSCホールディングス株式会社(代表取締役社長 北川 克己、東京都中央区)は、第4回アジアサスティナビリティ報告賞において、「マテリアリティ報告」「報告書デザイン」の2部門で『優秀賞』を受賞いたしました。

シンガポールを拠点とするCSRWorks Internationalが主宰する「アジアサステナビリティ報告賞(Asia Sustainability Reporting Award;ASRA)」の表彰式が、3月6日、シンガポールの英国高等弁務官公邸であるエデンホールで行われました。同賞は毎年、アジア地域で優れたサステナビリティ報告を表彰するもので、2018年度は400近いエントリーがあり、17の部門において、独立した審査委員会による審査が行われました。
東洋インキSCホールディングスは、「サステナビリティ報告」「マテリアリティ報告」「報告書デザイン」の3部門で受賞候補となっていましたが、「マテリアリティ報告」「報告書デザイン」において、最優秀賞に次ぐ優秀賞(Highly Commended)を受賞し、表彰盾が授与されました。

東洋インキグループは、アジア地域に15の子会社・関係会社を持ち、今回の受賞が同地域における企業価値の向上につながるものと考えています。また、今回の受賞を励みに、海外も含めたグループのCSR活動を一層進化・充実させるとともに、報告書の内容の充実を図り、情報開示の質を高めてまいります。

Photo; If you click here, you can download the original image file (5504x3096px).

講評(CSRWorks Internationalマネージングディレクター Rajesh Chhabara氏より)

サステナビリティ報告は、投資家や利害関係者が企業の価値を評価するための重要なツールになりました。質の高い報告と開示により、組織は経済的、環境的、社会的およびガバナンス上の影響やリスクと機会をどのように管理し、短期・中期・長期に価値を創造するかを伝えることができます。今回受賞した東洋インキSCホールディングスの報告書は、サステナビリティ報告における同社のリーダーシップと、透明性、情報開示、価値創造への強いコミットメントを示しています。

アジアサスティナビリティ報告賞に関する詳細は、ウェブサイト(https://csrmatters.com/;英文)をご参照ください。

東洋インキグループCSR報告書2018 URL

日本語版

https://schd.toyoinkgroup.com/pdflib/sae_report/csr_report2018j.pdf

英語版

https://schd.toyoinkgroup.com/pdflib/sae_report/csr_report2018e.pdf

中国語(簡体中文)版

https://schd.toyoinkgroup.com/pdflib/sae_report/csr_report2018c.pdf

以上

本件に関するお問い合わせ先

東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ総務部 CSR推進グループ
(報告書制作チーム事務局)
担当 豊山、内田
TEL: 03-3272-0659

報道・出版関係、その他一般の方々

東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
TEL: 03-3272-5720
Email: info@toyoinkgroup.com


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

更新日:2019年03月14日