経営・IR 2018年12月20日
東洋インキ株式会社
東洋インキグループ

「エコマークアワード2018」優秀賞を受賞

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)ならびに東洋インキグループは、この度「エコマークアワード2018」(主催:公益社団法人日本環境協会)において優秀賞を受賞しました。

「エコマークアワード」は、日本環境協会が2010年に創設した表彰制度で、環境配慮商品の普及に関する優れた事例を広く公表するとともに、エコマーク商品のより一層の普及拡大を通じて、持続可能な社会の実現に寄与することを目的としています。エコマークを通じて「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与する取り組みをした企業、団体などが表彰されています。
東洋インキは、植物油を用いた印刷インキやノンVOC(揮発性有機物質を含まない)インキ、リサイクル適性に優れたUV硬化型インキなどの開発を早くから進めており、2003年にはエコマークの取得を開始、現在ではオフセットインキや新聞インキ、グラビアインキ、フレキソインキなど33の製品群でエコマークを取得しています。また、製品の加工・使用・廃棄を含めたライフサイクル全体の環境負荷を「見える化」するためのLCA(ライフサイクルアセスメント)を継続的に実施し、その成果をグループのCSR報告書やウェブサイトなどで公表するとともに、環境負荷の小さい製品開発にフィードバックしています。
さらに、デザイナー・クリエイター向けのブランディングサイト「TOYO INK 1050+」を運営し、製品の持続可能性への貢献やSDGs(持続可能な開発目標)などについて情報発信することで、印刷の分野における気づきや行動のきっかけを創出しています。
これら当社の取り組みが評価され、「エコマークアワード2018」における優秀賞に選定されました。今後も、東洋インキグループの多くの製品分野でエコマーク認定を増やし、企業活動のコンセプトである「生活者・生命・地球環境の持続可能性の向上」に努めてまいります。

受賞内容

優秀賞

受賞者

東洋インキ株式会社/東洋インキグループ

題名

エコマーク商品の継続的販売と持続可能性への貢献の明確化

審査講評

東洋インキ株式会社は、植物油を用いたインキやリサイクル適性に優れたUV硬化型インキなどの開発を進め、いちはやくエコマーク認定取得に取り組み、現在では33もの製品群で認定を取得している。新たな商品開発にも前向きで、業界をリードする存在であり続けている。印刷インキは新聞、パッケージなど私たちの生活のあらゆる場面で使用されており、エコマーク認定等の環境調和型インキの普及、浸透を図ることで大きな環境負荷低減効果が期待できる。また、持続可能な社会への貢献について分かりやすく紹介するウェブサイト「TOYO INK 1050+」は、デザイナー・クリエイターに向けた環境コミュニケーションという点で独自性があり、その着眼点には学ぶべき点が多い。生物や生態系との共存を目指す経営方針と環境貢献活動も先進的である。

公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局 公式ウェブサイト:エコマークアワード2018

https://www.ecomark.jp/award/2018/

TOYO INK 1050+(東洋インキブランディングサイト)

https://www.toyoink1050plus.com

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、「パッケージ関連」および「印刷・情報関連」事業を担い、埼玉県川越市に生産拠点を有し、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。
創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる媒体に彩りと機能を付与しています。また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーユニバーサルデザインツール「UDing™」「UDing™ ディザ」などを提供しています。
東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文・英文)をご覧ください。

TOYO INK、TOYO INKロゴ、1050+およびUDingは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

東洋インキ株式会社
機能材営業本部
担当 星野谷
TEL: 03-3272-3402

報道・出版関連、その他一般の方々

東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 横井、渡邊
TEL: 03-3272-5720
MAIL: info@toyoinkgroup.com


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

更新日:2018年12月20日