経営・IR 2017年5月12日
会社名 東洋インキSCホールディングス株式会社
代表者名 代表取締役社長 北川 克己
(コード番号:4634 東証第一部)
問合せ先 執行役員グループ総務部長 野邊 俊彦
TEL 03-3272-5731

定款一部変更に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において「定款一部変更の件」を平成29年6月29日開催予定の第179回定時株主総会に付議することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 提案の理由

  1. 当社および当社子会社の事業の拡大および今後の事業内容の多様化に備えるため、第2条の事業目的について所要の変更を行います。
  2. 当社は、事業年度を毎年4月1日から翌年3月31日までとしておりますが、東洋インキグループが「世界に役立つサイエンスカンパニー」として、グローバルな事業の一体運営の推進、さらには経営情報の適時・適切な開示による経営の透明化を図るため、当社の事業年度を毎年1月1日から12月31日までに変更いたします。これに伴い、現行定款第13条(招集)、第15条(定時株主総会の基準日)、第43条(事業年度)、第44条(剰余金の配当の基準日)および第45条(中間配当)について所要の変更を行います。
    なお、事業年度の変更に伴い、平成29年4月1日から始まる第180期事業年度は平成29年12月31日までの9ヶ月間の決算期間となります。そのため、経過措置として附則を設けます。

2. 変更の内容

変更の内容は次のとおりです。

(下線は変更部分を示します。)

  • 表は横にスライドできます。
現行定款 変更案
第1章 総則 第1章 総則
(目的)
第2条 当会社はつぎの事業を営むこと、ならびにつぎの事業を営む会社(外国会社を含む)および組合の株式または持分を所有することにより、当該会社等の事業活動を支配し、管理することを目的とする。
(目的)
第2条

(現行どおり)

1.~4. (記載省略) 1.~4. (現行どおり)
5. 医薬品、医薬部外品および医療用器具の製造、販売 5. 医薬品、医薬部外品、医療機器および化粧品の製造、製造販売、販売
6.~23. (記載省略) 6.~23. (現行どおり)
第3章 株主総会 第3章 株主総会
(招集)
第13条 定時株主総会は毎年6月に招集し、臨時株主総会は必要に応じてこれを招集する。
(招集)
第13条 定時株主総会は毎年3月に招集し、臨時株主総会は必要に応じてこれを招集する。
(2) (記載省略) (2) (現行どおり)
(定時株主総会の基準日)
第15条 当会社の定時株主総会の議決権の基準日は、毎年3月31日とする。
(定時株主総会の基準日)
第15条 当会社の定時株主総会の議決権の基準日は、毎年12月31日とする。
第7章 計算 第7章 計算
(事業年度)
第43条 当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年とする。
(事業年度)
第43条 当会社の事業年度は、毎年1月1日から12月31日までの1年とする。
(剰余金の配当の基準日)
第44条 当会社の期末配当の基準日は、毎年3月31日とする。
(剰余金の配当の基準日)
第44条 当会社の期末配当の基準日は、毎年12月31日とする。
(2) (記載省略) (2) (現行どおり)
(中間配当)
第45条 当会社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる。
(中間配当)
第45条 当会社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる。
(新設) 附則
(新設) (第180期の事業年度の期間)
第1条 第43条の規定にかかわらず、平成29年4月1日から始まる第180期事業年度は同年12月31日までの9ヶ月間とする。
(新設) (第180期事業年度の中間配当の基準日)
第2条 第45条の規定にかかわらず、第180期事業年度の中間配当の基準日は、平成29年9月30日とする。
(新設) (附則の有効期限)
第3条 前二条および本条は、第180期事業年度終了後これを削除する。

3. 日程

定款変更のための株主総会開催日 平成29年6月29日(予定)
定款変更の効力発生日 平成29年6月29日(予定)

以上


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

更新日:2017年05月12日