コーポレート・ガバナンス基本方針

持株会社である東洋インキSCホールディングス株式会社は、ガバナンスの中心に位置し、グループ戦略の立案およびリスク管理と説明責任を全うするための業務を遂行しています。また、グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、基本方針に基づき、コーポレート・ガバナンスの充実に継続的に取り組んでいます。

東洋インキグループ コーポレート・ガバナンス基本方針

  1. 株主の権利を尊重し、株主の実質的な平等性の確保に努めます。
  2. さまざまなステークホルダーとの適切な恊働を図ります。
  3. 会社情報(非財務情報を含みます)の適切な開示により透明性を確保します。
  4. 取締役会は株主に対する受託責任を認識し、取締役会機能の維持向上を図ります。
  5. 中長期的な株主利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行います。

(2015年11月制定 2018年12月改定)

コーポレート・ガバナンス基本方針(全文;2018年12月14日改定)