重要課題4社員を大切にし、幸せや働きがいを追求する

基本的な考え方と方針

東洋インキグループの経営哲学は「人間尊重の経営」です。「多様な個の夢の実現の尊重」を行動指針の一つに掲げ活動を行ってきました。グループの強みを生かして社会に貢献していくために、性別や国籍、年齢、障がいの有無にかかわらず多様な人材が個々の能力を最大限に発揮し、やりがいを持って働くことのできる職場づくりを目指しています。また、社員の多様な価値観やキャリア志向を尊重し、新たな領域にチャレンジする人材や質の高い仕事を実践できる人材の育成に努めています。
安全と健康に配慮した職場環境を提供するため、労働災害の撲滅、安全教育、適正な労務管理、メンタルヘルスの向上などに取り組んでいます。また、育児や介護の支援、職場でのコミュニケーションの支援などにより、ワークライフ・バランスを重視した働き方改革を進めています。

重要課題の実行項目と関連するSDGsの目標・ターゲット

実行項目 関連するSDGsの目標・ターゲット
社員の満足につながる労働安全衛生の徹底と健康経営の推進

4.4 新興国への工場進出による雇用創出、生産支援や各拠点での積極的な人材育成により、技術的・職業的スキルを塩なえた社員の拡大に努めます。

5.1 新卒女性採用率の向上、女性社員のキャリア意識の促進を目的とした研修などを実施し、女性の活躍推進を図ります。

5.5 意思決定への女性の参画を図るため、女性役員や女性管理職の拡大を図ります。

5.b 職場での女性トイレの設置やハンドクレーンの導入などにより、生産現場での女性社員の負担軽減に努めます。

8.5 障がい者の雇用を拡大し、活躍できる環境を整備します。

8.6 東洋インキ専門学校を通じて、国内外で社員に対する教育の機会を拡大します。

8.7 海外も含めて強制労働・児童労働の禁止を徹底します。

8.8 グループ全体で労働安全、保安防災活動を推進し、安全・安心な労働環境を促進します。

組織の活性化に向けたダイバーシティ推進
グローバルな視野・能力を持つ人材の育成

推進体制

国内の人材活用や育成、健康経営の推進や働き方改革は、東洋インキSCホールディングス(株)グループ人事部が主体となって行っています。2007年には、「東洋インキ専門学校」を開講し、各種研修や自己啓発活動を実施しています。また、「東洋インキグループ 人事ポリシー」を海外関係会社へ展開することで、グループ全体での人事管理体制の整備とベクトル合わせを行っています。
安全・防災活動については、生産・物流センター リスクマネジメント推進部が、各事業所の安全部門と連携して活動を行っています。

Get Adobe Acrobat Reader PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。