CSR推進体制

東洋インキグループは2005年4月、これまでグループ各社で行われてきた社会的な活動を全社的なCSR活動として明確に位置付けるため、経営理念・行動指針をCSRの観点から具体化した「CSR憲章」「CSR行動指針」を制定しました。同時に、グループ各社のCSRの取組みを全社レベルで推進・支援するシステムとして、経営直轄の「CSR委員会(現CSR統括委員会)」を組織しました。
CSR統括委員会の中に配置されている「コンプライアンス部会」「リスクマネジメント部会」「環境安全部会」の3部かいと、国内グループ各社の管理部門などで構成する「CSR推進連絡会議」が中心となって、CSRの重要課題に沿った活動を推進しています。上記3部会は、それぞれの視点で海外を含む東洋インキグループ全体のCSR活動の下支えを行っており、グローバルでのCSR活動の推進を図っています。
毎年9月には、全社会議の一つとして、「CSR会議」を開催し、グループのCSR活動の進捗報告やCSR活動方針の共有を図っています。

CSR推進体制(2020年度)
図:代表取締役社長/グループCOO/全社会議(CSR会議)/CSR活動の進捗報告、CSR活動方針(重要課題、KPI)の共有/CSR統括委員会/CSR活動方針および重要課題に基づく計画の策定(経営層に報告)/CSR活動の推進、評価、フォローの実施/CSR統括委員長/CSR担当役員/グループ総務部CSR推進グループ/CSRの専任部門(事務局)/グループ全体のCSR活動の企画・推進、社内外への発信/CSR推進連絡会議/グループ全体のCSR活動の進捗および重大リスクへの対応状況の確認、CSR活動方針(重要課題、KPI)の見直し、新たなKPIの検討/コンプライアンス部会/経営に関する法令順守と企業倫理確立の推進/リスクマネジメント部会/リスク発生の未然防止とリスク被害の軽減策の推進/環境安全部会/グループ全体の環境安全マネジメントシステムの推進