SDGsへの取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標で、政府のみならず企業や市民社会など、地球上のすべての人を対象とした共通目標です。
持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットから構成され、「誰も取り残さない」世界の実現を目指しています。
東洋インキグループは、SDGsの目標とターゲットに基づいて、事業活動と特に関わりの深い12の目標についてCSRの重要課題と関連付け、目標・ターゲットに対して東洋インキグループがどのように貢献するかを示しました。また、「SDG Compass(SDGsの企業行動指針)」に基づき、東洋インキグループのバリューチェーンにおけるSDGsとの関わりも明確にしました。
東洋インキグループは、国際社会の一員として、さまざまなステークホルダーと恊働しながら、CSR活動を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

●バリューチェーンにおけるSDGsとの関わり
図:正の影響を強化する活動/人材の多様性の尊重/女性の活躍推進(女性社員数、女性管理職)/技術的・職業的スキルを備えた社員の増大/地域における課題解決への貢献(雇用拡大など)/Life、Communication、Sustainabilityでの価値提供/環境調和型製品の開発、普及/バリューチェーン/原材料/サプライヤー/調達物流/操業/販売/製品の使用/製品の廃棄/CSR調達の推進/グローバルな人権尊重、人権教育/土壌、地下水汚染対策/陸域、内陸淡水域での生態系の保全/廃棄物排出量の削減/災害対応・リスクマネジメントの推進/労働安全衛生の向上/強制労働・児童労働の禁止/化学物質の適正管理/気候変動緩和対策の推進/負の影響を削減する活動