経営計画

長期構想「SIC27」

~生活者・生命・地球環境の課題解決に貢献する企業グループに向かって~

東洋インキグループは現在、2027年をゴールとした長期構想「SIC27」を掲げています。これは、およそ2年間にわたり、世界中の若手社員から経営層までが参加し、多くのテーマに付いて議論を重ねた結果をまとめたものです。2018年から2027年までの期間を通じて、100年先まで持続的に成長できる企業体質へと変革し、また、事業活動を通じて、生活者・生命・地球環境の課題解決に貢献する企業グループとなることを目指しています。

企業活動コンセプト「Scientific Innovation Chain」

長期構想SIC27の期間において、東洋インキグループは「Scientific Innovation Chain(サイエンティフィック・イノベーション・チェーン)=SIC」を企業活動コンセプトとしています。これは、企業活動の行動者である全社員が、革新的に発想し、科学的に実行することで、一つひとつの変革を達成し、それらが連鎖していくことでグループ全体の企業体質を変革するような大きな力としていくことを表しています。この企業活動コンセプトがそのまま長期構想の名称にもなっています。

提供価値「For a Vibrant World」

東洋インキグループは、あらゆる企業活動の成果として、「すべての生活者・生命・地球環境がいきいきと共存・共生する世界の実現」という価値を提供することを目標としています。この提供価値を「For a Vibrant World(フォー・ア・ヴァイブラント・ワールド)」と表現しています。

中期経営計画「SIC-I」

~長期構想「SIC27」の"礎"を創り上げる~

東洋インキグループでは、長期構想に基づいて中期経営計画を立てています。2018年1月からスタートした中期経営計画「SIC-I」は、長期構想SIC27の第1段階にあたり、2020年12月までの3カ年をその期間としています。SIC-Iは、SIC27で掲げる企業グループへと変革していくための"礎"を創り上げる期間と位置付けており、立て続けに打っていくことを基本方針としています。

施策① 成長に向けた既存事業の変革と新事業への挑戦

海外拠点の連携・複合化と製品の拡充を進め、多彩なビジネス展開でグローバル市場での成長力を高めていきます。また、コア素材(顔料・樹脂)とコア技術(合成・分散・成膜)の融合による新規素材の開発で新たな価値を創出し、新市場・新規エリアでの事業拡大、新事業の創出・確立に挑戦していきます。

施策② 持続可能性向上に向けたモノづくり革新の推進

これまで行ってきたモノづくり革新の取り組み(グローバルモノづくりネットワークの構築、環境配慮型モノづくり体制の構築、グローバル化学物質管理・貿易管理体制の整備など)からさらに発展し、生活者・生命・地球環境の持続可能性向上への貢献と、企業グループとしての収益確保を両立できるモノづくり革新に取り組んでいきます。

施策③ 経営基盤の刷新

SIC-Iで取り組んでいく諸々の事業施策を下支えすべく、業務システムのグローバル統合推進や、変革に備えた人材採用と人事制度刷新などを進めるとともに、経営と一体となったCSR活動を推進し、イノベーションを立て続けに創出するための経営基盤を強化します。

SIC27およびSIC-Iにおける事業ドメイン

SIC27では、健やかな暮らし、心の豊かさ、持続可能な社会の実現といった社会・生活者課題の解決に貢献すべく、注力する事業領域(ドメイン)を再定義しました。各ドメインでの具体的なビジネス創出を通じて、市場の変化に柔軟に対応できる強靭な事業構造の形成を目指しています。SIC-Iでは特に、パッケージ、メディカル・ヘルスケア、モビリティ、IoT、エネルギー、天然素材の6つの分野に注力し、既存事業を応用・拡大しつつ、新しいビジネスモデルの開発に挑戦していきます。

SIC-Iにおける主要業績指標

  SIC-I中計最終年度目標 2017年度実績(12カ月換算値)
連結売上高 3,500億円 2,801億円
連結営業利益 280億円 205億円
営業利益率 8.0% 7.3%
海外売上高比率 50.0% 43.7%
ROE 7.2% 6.8%