ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2017年

東洋インキグループ、「N+(エヌプラス)」に出展

2017年8月31日 発表
2017年8月31日 掲載
東洋インキグループ

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)および東洋SCトレーディング株式会社(代表取締役社長 笹島 衛、東京都中央区)は、2017年9月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「N+(エヌプラス)~新たな価値をプラスする材料と技術の複合展」に合同出展いたします。
N+(エヌプラス)展は、ものづくりに欠かせない「素材」「機械」「技術」を対象とした展示会で、大手素材メーカーをはじめ優れた技術型企業が出展するものづくりの展示会として定評があります。
東洋インキグループは、「コーティング・表面処理」「加飾」「静電気除去」の3つのキーワードに対応する製品出展で、幅広い工業分野に向けて、各種機能性材料およびソリューションを紹介する予定です。

会期2017年9月13日(水)~15日(金) 10:00~17:00
会場東京ビッグサイト(東京都江東区)東ホール
主催(一社)プラスチック工業技術研究会
当社ブースJ-12
主な出展製品
コーティング・表面処理
  • UV硬化型機能性ハードコート剤「Lioduras®シリーズ」
    ディスプレイの表面保護やプラスチック筺体の表面保護など幅広い分野で、基材表面の耐久性向上が図れる耐スクラッチ性UV硬化型ハードコート剤を中心に紹介します。
加飾
  • ナノインプリントを活用したスクリーンインキ加飾フィルム
    幅広い工業分野で活用が期待される「高漆黒ペースト」、「コーティング加工」により触感を付与した微細加飾フィルムを紹介します。
  • 成形加工用加飾ソリューション
    自動車内装を中心に幅広い分野で需要が増加している成型用加飾フィルム向けの「グラビアインキ」、「コーティング剤」、「接着剤」などの加飾ソリューションを紹介します。
静電気除去
  • 静電気・異物対策 製品 ※実機展示
    静電気・ホコリ「ゼロ」革命の革新技術「無風除電®」「空間除電®」「微風除電®」「イオンエンジン®」による異物・静電気対策ソリューションを紹介します。
出展会社東洋インキ株式会社,東洋SCトレーディング株式会社

N+(エヌプラス)~新たな価値をプラスする材料と技術の複合展 公式ウェブサイト

東洋インキウェブサイト N+(エヌプラス)出展案内ページ(9月4日開設予定)

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、「パッケージ関連」および「印刷・情報関連」事業を担い、埼玉県川越市に生産拠点を有し、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。
創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる媒体に彩りと機能を付与しています。また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーコミュニケーションアプリ「TUBUCOLOR®(ツブカラ)」、カラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™(ユーディング)」および「UDing™ ディザ」を無償配布しています。
東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文・英文)をご覧ください。

東洋SCトレーディング株式会社について

東洋SCトレーディング株式会社は、東洋インキグループの総合商社機能を担うグループ会社として、世界のあらゆる地域からのニーズに応えるべく、グループの各事業会社の製品やマーケティング計画と足並みを揃え、グループの理念である生活文化創造に貢献しています。また、新規事業の創出を含め、皆様から求められる商品やビジネスモデルを創り上げています。
東洋SCトレーディングの詳細については、ウェブサイト(www.toyo-sc-trading.com;和文・英文・簡体中文)をご参照ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、Lioduras、TUBUCOLORおよびUDingは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。
  2. 無風除電、空間除電、微風除電およびイオンエンジンは、株式会社TRINCの商標もしくは登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

東洋インキ株式会社
グローバルビジネス本部プロモーション課
担当 小幡
TEL: 03-3272-5719
東洋SCトレーディング株式会社
マーケティング1部
担当 内海
TEL: 03-3272-3391

【報道・出版関係、その他一般の方々】

東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL: 03-3272-5720
以上

PDFファイル(PDF:231.5KB)
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード
更新日:2017年08月31日