ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2016年

次世代のKaleido®ソリューション「Kaleido Plus® 2.0」を発表

2016年10月19日 発表
2016年10月19日 掲載
東洋インキ株式会社

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、2016年10月20日(木)に開催される「2016全日本印刷文化典ふくしま大会」にて、“4色プロセス印刷でより鮮やかな色表現を追求する”Kaleido®の新ソリューション「Kaleido Plus® 2.0」を参考出品いたします。

今回発表する新カラーマネジメントソリューション「Kaleido Plus 2.0」は、従来4色機ではあきらめていた彩度の高い鮮やかな色表現を実現可能にします。現在は、PC上で一から制作されたグラフィックやデザインを、タブレットやスマートフォン上で閲覧することに代表されるように、現実を超える鮮やかな色表現が求められています。Kaleido Plus 2.0は、このような高彩度のデザインの色再現をオフセット印刷で実現するための、東洋インキの新しいカラーマネジメントソリューションです。
Kaleido Plus 2.0は、従来のKaleido CMYKの4色に、新たにオレンジとグリーンのラインナップを加え、最大6色印刷によって従来Kaleido比約120%の色表現を達成します。最大の特長は、CMY+オレンジやCMY+グリーンといった4色の組み合わせにすることで、4色機でも彩度の高い色領域を再現でき、かつその再現レベルに優れていることです。また、これに伴い新たに「Kaleido Plus認証制度」も開始する予定であり、デザインと印刷のスムーズな連携をサポートいたします。
Kaleido Plus 2.0のソリューションは、2017年2月に東京で開催いたします当社グループプライベートショウ「TIG EXPO 2017」でご提供を開始する予定ですが、これに先立ち、2016年10月20日開催の「2016全日本印刷文化典ふくしま大会」にて参考出品いたします。

Kaleido Plus 2.0による色表現領域の拡大(従来Kaleidoとの比較;CIE a*b*平面)

Figure; If you click here, you can download the original image file (396x440px).
CMY(K)+オレンジ
Figure; If you click here, you can download the original image file (419x450px).
CMY(K)+グリーン
Figure; If you click here, you can download the original image file (400x450px).
CMY(K)+オレンジ+グリーン

※グラデーション図形:従来Kaleido CMY(K),グリッド図形:Kaleido Plus 2.0

東洋インキのカラーマネジメントソリューションについて

東洋インキのカラーマネジメントソリューションは、1997年に発表された、ニューラルネットワークを用いた独自のカラーマネジメントソフトウェア「T-Color®(ティーカラー)」にはじまります。従来、多様な出力デバイスで正確に色再現するための画像色変換は、デバイス毎に膨大な量のカラーチャートを測色し、ルックアップテーブル(LUT)データとして抱えなければなりませんでしたが、ニューラルネットワークの学習機能により、これを簡易なカラーチャート測色だけで実現しました。この技術は、後にカラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™(ユーディング)」にも継承され、東洋インキのカラーマネジメントソリューションのコアテクノロジーとなっています。
また、東洋インキのカラーマネジメントへのアプローチは、画像色変換だけでなく色材である印刷インキにも向けられました。2005年、Adobe® RGBの色再現領域に迫る広演色プロセスインキ「Kaleido®(カレイド)」シリーズを発売し、Japan Color®プロセス4色印刷では再現できない鮮やかな印刷を実現しました。現在では、さまざまな印刷方式向けのKaleidoシリーズのインキ製品およびソリューションをラインナップしており、印刷会社様をはじめ、ブランドオーナー様やデザイナーの方々にも高く評価されております。

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、「パッケージ関連」「印刷・情報関連」事業を担い、埼玉県川越市に生産拠点を有し、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。
創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる印刷媒体に彩りと機能を付与しています。また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーコミュニケーションアプリ「TUBUCOLOR®」、カラーユニバーサルデザインツール「UDing™」および「UDing™ディザ」を無償配布しています。
東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文・英文)をご覧ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、Kaleido、Kaleido Plus、T-Color、TUBUCOLORおよびUDingは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。
  2. Adobeは米国アドビシステムズ社の登録商標です。
  3. Japan Colorは、一般社団法人日本印刷産業機械工業会の登録商標です。
【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキ株式会社
テクニカルソリューションセンター
担当 岩淵、池田
TEL: 03-3962-2197
【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 林、渡邊
TEL: 03-3272-5720
以上

PDFファイル(PDF:361.6KB)
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード
更新日:2016年10月19日