ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2016年

東洋インキ、超柔軟性素材によるUVコート剤を開発

2016年1月27日 発表
2016年1月27日 掲載
東洋インキ株式会社

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、塗工皮膜に優れた柔軟性を有し、印刷後加工時の皮膜の割れを軽減する超柔軟性UV硬化型コート剤「REXWIN® FLEX」を開発しました。

一般的にUV硬化型コート剤は、その硬化メカニズムによって他の素材では得られない硬度を発現するので、印刷面の擦傷保護に使用されています。しかし、その硬度の高さがマイナスに作用し、印刷後の後加工の際に塗工皮膜が割れるなどのトラブルの原因にもなっています。
東洋インキが開発した「REXWIN® FLEX」は、UV硬化でありながら、従来にない高い柔軟性を持ったUVコート剤です。本製品は、原反破断以外を要因とする変形に非常に強く、おもに罫線入れや型抜きなどの印刷後加工時の塗工皮膜の割れを改善します。塗工適性としては、UV硬化型インキで印刷された面への表面コーティング用途として、UVインラインコート印刷やフレキソ印刷による塗工が可能です。また、箔押し加工における箔糊適性も有しています。

Figure; If you click here, you can download the original image file (3264x2448px).
一般的なUV硬化型コート剤 (折り曲げで割れてしまう)
Figure; If you click here, you can download the original image file (3264x2448px).
REXWIN® FLEX (折り曲げても割れにくい)

さらに、同シリーズとして、高速後加工機に対応する滑り性を付与したUV硬化型コート剤「REXWIN® FLEX-S」も開発しました。これは、上記製品と同様優れた耐割れ性を持ちつつ、上記製品より高い滑り性を有し、優れた高速印刷適性をお客様に提供します。
東洋インキは、この「REXWIN® FLEX」を、2月3日に開催される「東洋インキグループプライベートショウ TIG EXPO 2016」にて、材料実物および用途サンプル展示する予定です。

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、「パッケージ関連」および「印刷・情報関連」事業を担い、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。
創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる媒体に彩りと機能を付与しています。また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーコミュニケーションアプリ「TUBUCOLOR®」、カラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™」および「UDing™ ディザ」を無償配布しています。
東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文・英文)をご覧ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、REXWIN、TUBUCOLORおよびUDingは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。
【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキ株式会社
高機能材営業本部 機能材料営業部
TEL: 03-3272-3402
【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 林、渡邊
TEL: 03-3272-5720
以上

PDFファイル(PDF:135.5KB)
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード
更新日:2016年01月27日