ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2015年

東洋インキ、JANPS 2015 ―第22回 新聞製作技術展―に出展

2015年7月10日 発表

2015年7月10日 掲載

東洋インキ株式会社

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、2015年7月22日(水)~24日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「JANPS 2015 ―第22回 新聞製作技術展―」に出展いたします。
JANPS展は、上流から下流に至るまで、最先端の新聞製作およびその周辺技術が一堂に集めて展示される、新聞技術界最大のイベントです。今回は3年ぶり、22回目の開催となります。

新聞製作を取り巻く環境は、年々大きく変化しています。それでも新聞が、さまざまなマスメディアの中でも広く信頼を得ているメディアであることに変わりありません。この信頼ある新聞を製作する現場では、地球環境への配慮やユニバーサルデザイン対応はもとより、さらなる紙面品質の向上、製作コストの削減、そしてカラーマネジメントなど、多くの課題を抱えています。東洋インキは、『3つのシンカ(新化)(進化)(深化)』のコンセプトを通じて、新聞製作における課題を解決する提案をいたします。

会期2015年7月22日(水)~24日(金) 10:00~17:00
会場東京ビッグサイト(東京都江東区) 東6ホール
当社ブースブース番号 23 (印刷機器ゾーン)
主な出展製品
  • 新カラーマネジメントソリューション『Chiarossier®(キャロシエ®)』
    色彩総合メーカーとしての「色」に対する高度な知見から生まれた、まったく新しいカラーマネジメントソリューションです。通常のプロセス4色印刷において、元画像を忠実に色再現するだけでなく、元画像以上の鮮やかさを東洋インキの色変換技術によって簡易に実現します。
    光源に恵まれない環境で撮影された低彩度の画像や、一般市民からの提供画像なども、色鮮やかで訴求性の高い画像へと瞬時にブラッシュアップします。
  • 新カラーユニバーサルデザインソリューション『UDing™ ディザ』
    「使用できる色が制限される」「色を変更するとデザインの印象が変わってしまう」などの理由で普及が限定的であったカラーユニバーサルデザイン(CUD)。『UDing™ ディザ』は、そうした声に応える新しいCUD支援ツールです。
    このツールに使われている「ディザリング処理」によって、見た目の色はそのままにCUDデザインを実現します。
  • 新聞印刷用新型H液『NEWSKING® AQUA®』
    印刷技術の発展とともに、H液も進化します。H液に求められるあらゆる性能を進化させた、新聞印刷用新型H液『NEWSKING® AQUA®』を紹介します。
  • 高濃度新聞インキ『ヴァンテアンエコーリオ®』
    新聞製作現場で普及が進む高濃度インキ。性能をさらに深化させた新聞用カラー高濃度インキ『ヴァンテアンエコーリオ®』を紹介します。
  • ドライダウン抑制黒色感向上墨インキ
    ドライダウンを抑制して黒色感を向上、さらに性能を深化させた墨インキを紹介します。
  • 紙面検査装置『Toyoassistant®-FX2』
    前回のJANPS 2012展での発表から3年、累計30セット以上の実績を誇る紙面検査の業界標準『Toyoassistant®-FX2』。新聞印刷の安定品質を実現することで新聞社の収益に貢献します。
  • ニッカ株式会社取扱製品
    当社と共同出展する印刷周辺機器・資材メーカーであるニッカ株式会社様の各種製品をご紹介します。
    • ライダーローラー洗浄装置『ARW-Ⅱ』
    • インキローラー温調装置『FRC』
    • インキドクター洗浄装置『ADW』
    • 洗浄廃液再生装置
    • 洗浄液『ブラクリン Em-R』
会場内セミナー
新カラーマネジメントソリューション『Chiarossier®(キャロシエ®)』の可能性
日程:7月23日(木) 10:15~11:00
場所:東6ホール内 セミナーゾーンA
講師:東洋インキ株式会社グラフィックソリューションセンター
カスタマーサポート1部 部長 細井 功

今回発表する新たなカラーマネジメントソリューション『Chiarossier®(キャロシエ®)』は、通常のプロセス4色印刷において元画像以上の鮮やかさを表現するための画像色変換を簡易に実現します。お客様のデータ編集~印刷環境や、画像データのカテゴリ(人物、風景、イラストなど)に合わせて、東洋インキ独自の色変換技術(特許出願中)を用いたICCプロファイルを作成、従来ベテランオペレーターによって行われていたレタッチ作業を簡単なプロファイル変換で実現します。とくに新聞印刷の市場においては、光源に恵まれない環境で撮影された低彩度の画像や、一般市民から提供された画像、用紙特性による色の沈みや濁りなどの課題に対し、Chiarossier®ソリューションが色鮮やかで訴求性の高い画像へと瞬時にブラッシュアップします。この新しいソリューションの事例、およびより効果的に運用するためのベースとなるCMSでの取り組みなども交え、ご紹介していきます。

出展会社 東洋インキ株式会社、東洋インキエンジニアリング株式会社、
ニッカ株式会社(共同出展)

■東洋インキブース

Figure; If you click here, you can download the original image file (2805x1580px).

■JANPS 2015 ―第22回 新聞製作技術展― 公式ウェブサイト
http://www.janps.jp/

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、グループの「パッケージ関連」および「印刷・情報関連」事業を担い、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。
創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる媒体に彩りと機能を付与しています。また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーコミュニケーションアプリ「TUBUCOLOR®」、カラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™」および「UDing™ ディザ」を無償配布しています。
東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文)をご覧ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、Chiarossier、キャロシエ、UDing、NEWSKING、AQUA、ヴァンテアンエコーリオ、ToyoassistantおよびTUBUCOLORは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。
  2. ARW、FRC、ADWおよびブラクリンは、ニッカ株式会社の商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキ株式会社
経営本部企画部プリンティング事業課
TEL: 03-3272-3382

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL: 03-3272-5720
MAIL: info@toyoinkgroup.com

以上

PDFファイル(PDF:210.9KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2015年07月10日