ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2015年

「第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 nano tech 2015」に出展

2015年1月21日 発表

2015年1月21日 掲載

トーヨーカラー株式会社

トーヨーカラー株式会社(代表取締役社長 境 裕憲、東京都中央区)は、2015年1月28日(水)~1月30日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される「第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 nano tech 2015」に東洋インキグループとして出展いたします。
今回で14回目となる国際ナノテクノロジー総合展・技術会議は、最先端のモノづくりに欠かすことのできない基盤技術「ナノテクノロジー」に関する世界最大の展示会です。
東洋インキグループは、カーボンナノチューブ製品(Lionanoc®、Lioplax®)、機能性分散体、リチウムイオン電池関連製品(LIOACCUM®)を出展いたします。

会期2015年1月28日(水)~30日(金) 10:00〜17:00
会場東京ビッグサイト(東京都江東区) 東4・5・6ホール&会議棟
入場料3,000円(但し、Webサイトで事前登録された方は入場無料)
当社グループブース東5ホール 小間5E-15
【出展内容】
製品紹介
カーボンナノチューブ製品(Lionanoc®、Lioplax®)
機能性分散体
リチウムイオン電池関連製品(LIOACCUM®)
出展会社トーヨーカラー株式会社、東洋インキSCホールディングス株式会社

■第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 nano tech 2015 公式ウェブサイト
http://www.nanotechexpo.jp/main/index.html

トーヨーカラー株式会社について

トーヨーカラー株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、グループの「色材・機能材事業セグメント」の中核を担い、静岡県富士市、滋賀県守山市、千葉県茂原市および岡山県井原市に生産拠点を有しています。
長年の製品開発を通じて培ってきた高品質・高純度の有機顔料をベースとしたトーヨーカラーの製品は、モノに色を着けるという用途を超え、今やさまざまな物理特性や機能性を有したスペシャリティ素材として、印刷・生活関連用途に留まらず、電子情報媒体やエネルギー関連部材用途など多様な分野で利用されています。
トーヨーカラーの詳細については、ウェブサイト(www.toyo-color.com;和文・英文)をご覧ください。

  1. TOYOCOLOR、TOYOCOLORロゴ、Lionanoc、LioplaxおよびLIOACCUMは、東洋インキSCホールディングス株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先(日本)】
トーヨーカラー株式会社
機能材料営業本部
担当 小野
TEL 03-3272-0956
FAX 03-3272-0825

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:114.1KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2015年01月21日