ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2014年

台灣東洋彩光、TPCA2014に出展

2014年10月14日 発表

2014年10月14日 掲載

台灣東洋彩光股份有限公司
トーヨーケム株式会社

台灣東洋彩光股份有限公司(董事長・総経理 大嶽 修、台湾台南市安南区)およびトーヨーケム株式会社(代表取締役社長 高島 悟、東京都中央区)は、2014年10月22日~24日に台北南港展覧館(台湾台北市南港区)で開催される「TCPA Show 2014」に出展いたします。

TPCA Show 2014は、世界のエレクトロニクス産業の中心的存在である台湾において、その基幹部品であるプリント基板に関する世界最大級の展示会であり、今年で15回目を迎えます。
台灣東洋彩光は、2002年より台湾にてエレクトロニクス関連の材料を生産・販売しております。日本および東アジア市場で幅広く展開しているこれらの製品群により、世界TOP3のプリント基板生産量を誇る台湾市場において、グループブランドのさらなる浸透を図っていきたいと考えています。また、お客様の新たなニーズに応えるべく、この展示会にて、東洋インキグループならではの特長ある製品とソリューションをご提案いたします。

会期2014年10月22日(水)~24日(金) 9:00~17:00
会場台北南港展覧館(台湾台北市南港区)
ブース番号I1326
主な出展製品 電磁波シールドフィルムLIOELM® TSSシリーズは、お客様の多様なニーズにお応えします。TSS200は段差追従性に優れた2層構成の電磁波シールドフィルムです。また、より薄くというお客様のニーズに対応した薄膜タイプのTSS300や、より手軽に使えるTSS210も出展します。
LIOELM® TSC200は、導電性と強接着機能を有した導電接着シートです。
LIOELM® TCL500/TSU500は、独自の低誘電樹脂により伝導ロスを低減し、回路ラインの広幅化やライン間の狭幅化に貢献する低誘電材料です。
高精細印刷用導電性銀ペーストREXALPHA® RA FSシリーズは、最新のプリンテッドエレクトロニクスのソリューションを提供します。
出展会社台灣東洋彩光股份有限公司、トーヨーケム株式会社

■TCPA2014公式ウェブサイト
http://www.tpcashow.com/2014/en/

■台灣東洋彩光ブース

Figure; If you click here, you can download the original image file (1024x662px).

台灣東洋彩光股份有限公司について

台灣東洋彩光股份有限公司は、フラットパネルディスプレイ(FPD)向けカラーフィルタ用レジストインキの世界最大級のサプライヤーである東洋インキグループの台湾拠点として、2002年より製造・販売を行っています。さらに、東洋インキグループが製造する電磁波シールドフィルムやハードコート剤、接着剤、銀ペーストなどのエレクトロニクス用周辺材料も販売しています。
台灣東洋彩光の詳細については、ウェブサイト(www.toyoink-ct.com.tw;繁体中文・英文)をご覧ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、LIOELMおよびREXALPHAは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
台灣東洋彩光股份有限公司
営業部
担当 戸田
TEL +886-6-384-0650

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:181.7KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2014年10月14日