ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2014年

トーヨーカラー、「Batteries 2014 Exhibition」に出展

2014年9月12日 発表

2014年9月12日 掲載

トーヨーカラー株式会社
TOYO INK EUROPE SPACIALTY CHEMICALS S.A.S.

トーヨーカラー株式会社(代表取締役社長 境 裕憲、東京都中央区)と東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズ(代表取締役社長 Franck Girard、フランス・セーヌ=マリティーム県オワセル)は、2014年9月24日(水)~9月26日(金)にNice Acropolis Convention Center(フランス・ニース)にて開催される「Batteries 2014 Exhibition」に出展いたします。
今回で16年目を迎えるBatteries 2014 Exhibitionは、世界有数の電池関連の展示会です。東洋インキグループの欧州市場のマーケティングおよび販売を担当する東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズは、今回初めて出展いたします。

会期2014年9月24日(水)~26日(金)
会場Nice Acropolis Convention Center(フランス・ニース)
入場料1788ユーロ(3日間の会議、展示会の参加費用を含む)
当社ブースNo. 420
【出展内容】
製品紹介
■LIOACCUM® 水性正極 合材インキ®
LIB市場における生産性向上と電池製品の性能向上をもたらすインキタイプの電極材料を紹介します。
■トーヨーカラー技術紹介
東洋インキグループの100年にわたる印刷インキ、塗料、粘接着剤などの開発で培われた粒子分散技術やポリマー設計技術など、独自の技術を紹介します。
出展会社トーヨーカラー株式会社、東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズ社

■Batteries 2014 Exhibition 公式ウェブサイト
http://batteriesevent.com/site/GB,C38992,I38990.htm?KM_Session=50d0a83363eeb90dec52efc3aa0e5da8

東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズ社について

東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズ社は、1992年に東洋インキグループの傘下に加わった色材製造会社であり、現在は液晶ディスプレイカラーフィルタ用の高機能顔料、およびインクジェット用のUVインキの開発・製造を主力事業としています。
事業所および工場は、セーヌ=マリティーム県オワセル(オート=ノルマンディー地域圏の首府ルーアン近郊;パリから北西に約100km)にあり、研究開発員20名を含む約100名の従業員を抱えています。東洋インキグループの色材・機能材関連事業の中核事業会社であるトーヨーカラー株式会社とは、多くの事業で連携しています。
東洋インキヨーロッパスペシャリティケミカルズの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink-europe.com)をご覧ください。

トーヨーカラー株式会社について

トーヨーカラー株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、グループの「色材・機能材事業セグメント」の中核を担い、静岡県富士市、滋賀県守山市、千葉県茂原市、岡山県井原市に生産拠点を有しています。
長年の製品開発を通じて培ってきた高品質・高純度の有機顔料をベースとしたトーヨーカラーの製品は、モノに色を着けるという用途を超え、今やさまざまな物理特性や機能性を有したスペシャリティ素材として、印刷・生活関連用途に留まらず、電子情報媒体やエネルギー関連部材用途など多様な分野で利用されています。
トーヨーカラーの詳細については、ウェブサイト(www.toyo-color.com;和文・英文)をご覧ください。

  1. TOYOCOLOR、TOYOCOLORロゴ、LIOACCUMおよび合材インキは、東洋インキSCホールディングス株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先(日本)】
トーヨーカラー株式会社
機能材料営業本部
担当 板橋
TEL 03-3272-0956
FAX 03-3272-0825

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:195.8KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2014年09月12日