ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2014年

東洋インキグループ、インド第2工場稼動とインド地域における事業拡大

2014年8月8日 発表

2014年8月8日 掲載

東洋インキSCホールディングス株式会社

東洋インキグループのインド地域における事業拡大の一環として、Toyo Ink India Pvt. Ltd.社(東洋インキインディア社;取締役社長 B. S. Kampani、インド・ウッタルプラデーシュ州グレーターノイダ市)は、2014年7月初旬、同国グジャラート州ダヘジ市に建設していた新工場(グジャラート工場)を竣工し、オフセットインキの製造を開始しました。
グジャラート工場は、東洋インキインディア社の2番目の生産施設であり、既存の工場(グレーターノイダ市Ecotech-Ⅲ、以下デリー工場)のおよそ3倍にあたる年間1万トンの生産能力を有し、インド国内において急速に拡大する印刷市場の需要に応えるだけでなく、周辺国をはじめ欧州、中東やアフリカ地域などに向けた、高品質インキ製品のグローバル供給拠点と位置付けています。

Figure; If you click here, you can download the original image file (4608x2592px).

これまでの東洋インキグループのインド地域における活動は、2007年の東洋インキインディア社の設立に始まり、2008年に同社デリー工場にてオフセットインキの生産を開始、その後2011年にインクジェットインキ、2012年にはグラビアインキと生産ラインアップを順次拡張してきました。一方、販売・物流においては、広大なインド地域をカバーすべく、デリー、ムンバイ、チェンナイに拠点を設置するとともに、ほぼ全ての州に販売代理店などを設置することで、調色などの技術サービスを含め、お客様本位のサービスを展開しています。
また2013年には、大手有機顔料メーカーであるHeubach Colour Pvt. Ltd.社(グジャラート州ヴァドーダラー市)との合弁で、Heubach Toyo Colour Pvt. Ltd.社(ホイバッハトーヨーカラー社;グジャラート州アンクレシャワール市)を設立、アゾ系有機顔料の生産準備を進めてきており、間もなく稼動が開始されます。ホイバッハトーヨーカラー社における顔料生産は、現時点で年間2千トンを計画しておりますが、東洋インキグループ内の各生産拠点に対し高品質かつ国際競争力のある原料供給を行っていくとともに、世界のお客様にも高品質な顔料製品を供給する予定です。

インドは、今年度からスタートした東洋インキグループの中期経営計画SCC-Ⅲにおいて、重点地域のひとつとして掲げられており、グループのグローバル成長プランを牽引するための大幅な事業拡大を目指しています。経済成長を続けるインドおよび周辺国の生活文化向上に貢献すべく、今年度さらにデリー工場におけるグラビアインキ生産設備の増設や、インクジェットインキの本格生産設備の導入、グジャラート地区における樹脂・接着剤生産設備の導入、プラスチック着色剤の生産増強を計画しており、その後もグループ製品連携による複合型製造拠点へと発展させ、インド地域において多角的な事業展開を進めていきます。
また、これらのインド拠点は、今後さらに市場拡大が期待されている周辺地域や地理的に近接する中東・アフリカ地域、さらには欧州に向けたグループのグローバルサプライチェーンにおける中核供給拠点とすべく、生産物流体制の整備・強化を図っていきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 林・水谷
TEL 03-3272-5720
MAIL info@toyoinkgroup.com

以上

PDFファイル(PDF:136.9KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2014年08月08日