ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2014年

東洋インキアメリカ、レトルト包材向け溶剤型フレキソラミネートインキを販売開始

2014年6月25日 発表

2014年6月30日 掲載

Toyo Ink America, LLC

東洋インキグループの米国現地法人Toyo Ink America, LLC社(社長:John Copeland、イリノイ州ウッドデール市)は、米国市場においてボイルやレトルト用途に適した溶剤型フレキソラミネートインキ新製品「REXTA™」の販売を開始しました。REXTAはさらなる高性能素材(被印刷体)、耐熱性やプロセス効率化など、ハイエンドのフレキシブルパッケージ市場の要求に応えるように設計されています。

現在、レトルトパッケージにおける印刷方式はグラビア印刷が主流ですが、東洋インキ株式会社が長年培ってきた高度な樹脂合成技術を駆使することにより、従来よりも耐熱性やフィルム追従性、密着性の高いフレキソインキ用樹脂の開発に成功しました。この特徴的な製品は、レトルト処理プロセスに耐え得るとともに、ハイエンドの軟包装印刷に必要とされる印刷適性を兼ね備えています。REXTAをご使用いただくことで、フレキソ印刷が主流である北米市場において、フレキソコンバーターがレトルト市場へ参入することが可能となりました。

「印刷ロットがますます少量化する一方、包装コンバーターはより迅速かつフレキシブルに顧客へ対応すると同時に、高い品質基準を維持する必要に迫られています。」と、Toyo Ink America社の社長John Copelandはインタビューに答えています。「この東洋インキの新製品であるフレキソラミネートインキREXTAは、これらの課題を抱えるお客様、すなわちフレキソコンバーターに対し一つのソリューションを提供するものです。レトルト市場に限らず、今までグラビア印刷機を保有していないがゆえに参入できなかった分野への進出を可能にし、またエンドユーザーのパッケージデザイン開発をより幅広いものにすることが可能です。」

また、REXTAは製品設計において食品安全と資源保護への配慮を行っています。John Copelandは次のように述べています。「近年、北米市場では、金属缶やガラス瓶が軟包装へと切り替わりつつあり、この傾向は今後も続くものと考えています。本インキは食品安全性の観点から非常に注目されているスイス条例にも準拠しており、食の安全にも気を配っております。」

さらに、このレトルト用インキREXTAシリーズに加えて、同時に新しく開発された汎用溶剤型フレキソラミネートインキ「RIVET™」の販売を開始しました。RIVETは、優れた印刷品質、幅広い種類のフィルムへの高密着性、低残留溶剤性を備えながら、無溶剤をはじめとするさまざまなラミネート接着剤に対応できる製品です。

1世紀以上にわたる印刷と印刷インキ製造の知識と実績を持つ東洋インキグループは、日本やアジアにおけるレトルトインキにおいて常にリーディングカンパニーとして市場を開拓してきましたが、グループのグローバル展開の加速に伴って、そのプレゼンスを北米へと拡大しています。

「REXTAとRIVETが、我々のお客様にとってさらなる可能性を広げるものと期待しています。」と、John Copelandは述べています。「現在、Toyo Ink America社は、フレキソおよびグラビア印刷における表刷りからラミネートまで幅広い用途において、汎用タイプからハイエンドのレトルト用インキに至るまで、あらゆるパッケージ分野のニーズに応えることができるようになりました。まもなくアメリカにおいてもREXTAとRIVETの生産が開始します。これによりグローバルな供給体制と品質確保を実現いたします。」

Figure; If you click here, you can download the original image file (1608x1170px).
REXTAで印刷されたレトルトパッケージサンプル

Toyo Ink America, LLC社について

Toyo Ink America, LLC社は、商業用の枚葉印刷、パッケージ印刷およびデジタル印刷市場向けに、高品質・高付加価値の印刷ソリューションを提供しており、イリノイ州ウッドデール市およびテキサス州ブライアン市に生産拠点を有しています。インキ、コーティング剤、粘・接着剤など幅広く製品をラインアップしており、商業用オフ輪、UV、軟包装、グラビアおよびフレキソ印刷の各用途において、お客様の生産性をサポートする高品質な製品を提供しております。生産のみならず、研究、デジタルカラーマッチング、顧客サービスの全てにおいての真摯な取り組みが、高品質を生み出し、お客様から高い信頼を得ています。

Toyo Ink America, LLCの詳細については、ウェブサイト (http://www.tia.toyoink.com;英文)、東洋インキグループに関する詳細は、ウェブサイト (http://schd.toyoinkgroup.com)をご覧ください。

  1. TOYO INK、TOYO INKロゴ、REXTAおよびRIVETは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先(日本)】
東洋インキ株式会社
国際経営部
担当 原子
TEL 03-3272-0919
FAX 03-3272-5729

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

  1. この和文ドキュメントは、米国TOYO INK AMERICA, LLC社が米国内に向けて発表した英文リリースドキュメントをもとに、日本向けに文面をアレンジしています。したがって、対応する英文ドキュメントとは内容・表現において異なります。

PDFファイル(PDF:154.5KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2014年06月30日