ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2013年

カラーユニバーサルデザイン支援ツール(Mac版)をバージョンアップ

2013年8月1日 発表

2013年8月1日 掲載

東洋インキ株式会社

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、2004年の発表以来13,000本を超える出荷実績を持つカラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™シミュレーター(Mac版)」をバージョンアップし、専用ウェブサイト(http://www.toyo-uding.com)を通じての配布を開始いたしました。

近年、ユニバーサルデザインに対する社会の要望は急速に高まっており、行政機関や公共施設、企業を中心として盛んに取り組みが行われています。東洋インキは、グループユニバーサルデザインコンセプト「UDing™」に基づき、2004年よりカラーユニバーサルデザイン(CUD)支援ツール「UDing™シミュレーター」「UDing™ CFUD」などのソフトウェアを無償配布し、CUDの普及・啓発活動を行ってきました。これらのツールソフトウェアは、従来専門的な知見がなければ困難だったCUDに対応したグラフィックデザインの制作を、誰でも簡単に実現できる画期的なソリューションとして、行政機関や企業、学校などを中心に配布、これまでに13,000本を超える出荷実績となっています(2013年7月時点)。
今回のバージョンアップでは、グラフィックデザインの分野でのユーザー比率が多いMac版を対象に、実際のデザイン制作の現場でより使いやすくなるよう、各機能や適用ファイル形式・データ形式の見直しや追加を行いました。詳しくは専用ウェブサイトのバージョンアップ解説ページ(http://www.toyo-uding.com/tool/uding_201308.html)をご覧ください。

UDing™シミュレーター(Mac版) Ver.2.0
概要 制作済のデザインについて、色覚障がいがある場合の見え方の違いをモニタ画面上でシミュレーション確認しながら、判別しにくい配色箇所を自動抽出するとともに、最適な配色パターンに色変換するソフトウェア。
追加・更新機能
  1. (1) CMYKデータのシミュレーション/データ保存機能を追加
  2. (2) RGBデータのシミュレーション/データ保存機能に「Adobe RGB」と「ProPhoto RGB」の2モードを追加(従来バージョンは「sRGB」のみ)
  3. (3) PDFデータおよびEPSデータのシミュレーション機能を追加
  4. (4) モニタ画面上での全画面表示に対応
  5. (5) 画像中の任意の色に近似する東洋インキカラーファインダー®色番号を表示
  6. (6) 最新のOSに対応(Mac OSX 10.8)
UDing™ CFUD(Mac版) Ver.2.0
概要 カラーユニバーサルデザインの制作作業向けに、色覚障がいに配慮した配色パレット(CUDカラーパレット)を簡単に作成・編集できるソフトウェア。
東洋インキカラーファインダー®色見本帳に準拠した「CFUDパレット」と、DYNACAL®(トーヨーケム(株)のサイン用途マーキングフィルム)色見本に準拠した「DYNACALパレット」を作ることができます。
追加・更新機能
  1. (1) 「スウォッチ書き出し」機能において書き出し先を任意に指定
    (従来バージョンはAdobe Illustratorの「スウォッチ」に強制的に保存)

配布方法

専用ウェブサイト(http://www.toyo-uding.com)内の申し込みフォームに必要事項をご記入してお申し込みください。「UDing™シミュレーター」「UDing™ CFUD」の両ソフトウェアが入ったCD-ROMを郵送いたします。
※Mac版のほかにWin版(Window XP SP2以降、Windows 7などに対応)もあります。

  1. URLが変更されています。:http://www.toyoink1050plus.com/tools/uding/pc/dither.php

【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキ株式会社
プリンティング事業戦略部プロモーショングループ
担当 武田、小幡
TEL:03-3272-5719

【報道・出版関係、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:123.9KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2017年05月29日