ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2012年

「LCA日本フォーラム奨励賞」を受賞

2012年12月10日 発表

2012年12月10日 掲載

東洋インキSCホールディングス株式会社

東洋インキSCホールディングス株式会社(代表取締役社長 北川 克己、東京都中央区)は、平成24年度「第9回LCA日本フォーラム表彰」において、「LCAフォーラム奨励賞」を受賞いたしました。
LCA日本フォーラム表彰は、LCA(ライフサイクルアセスメント)と環境効率に係わる優れた活動および製品・サービスを表彰することにより、LCA手法を広く普及・定着させ、環境効率向上による技術革新を追求し、わが国の産業の発展に資することを目的としたものです。
東洋インキグループでは、かねてからLCA手法を用いた製品の環境負荷の定量化と、その削減に取り組んでまいりましたが、今回、これまでの成果に対して、「第9回LCA日本フォーラム表彰」の「LCAフォーラム奨励賞」を受賞することになりました。東洋インキグループは、環境効率につきましても、「環境効率アワード2010」において「日本環境効率フォーラム会長賞」を受賞しており、今回は同分野における2度目の表彰になります。
今後も、LCAや環境効率の考え方を活かし、環境負荷低減に配慮した製品・サービスの提供を進めてまいります。

受賞表彰LCAフォーラム奨励賞
表彰対象者名東洋インキSCホールディングス株式会社 代表取締役社長 北川 克己
表彰対象活動印刷インキや印刷物に関するカーボンフットプリント/カーボン・オフセットの成果の展示
表彰式および記念講演
●開催日時:2012年12月14日(金) 13:30~17:00
●開催場所:東京ビッグサイト 会議等6F 605会議室 (※「エコプロダクツ2012」展示会場内)
●参照URL:http://lca-forum.org/commendation/index.html

東洋インキグループについて

東洋インキグループは、1907年創立の印刷インキおよび化学品のグローバルカンパニーである。2011年4月にホールディング制を導入し、持株会社である東洋インキSCホールディングス株式会社を中心に、東洋インキ株式会社・トーヨーケム株式会社・トーヨーカラー株式会社の3社を中核事業会社として、世界19ヶ国に約70社のグループ企業、7,000人以上のグループ社員を抱え、ワールドワイドなビジネスネットワークを展開している。
東洋インキグループの事業は、「印刷・情報」「パッケージ」「ポリマー・塗加工」「色材・機能材」の4つにセグメンテーションされている。印刷インキの製造販売に始まった東洋インキグループの事業活動は、その原材料である有機顔料や樹脂の開発・生産へと領域を拡大し、現在は各種印刷における高付加価値なインキから、機能性素材、天然材料、エレクトロニクス材料などへと拡大している。2008年度より「目指す姿SCC2017―世界に役立つスペシャリティケミカルメーカーへと進化する」を目標として制定、これを基軸としたグループ連峰経営を遂行している。
2011年度のグループ全体の売上は2,453億円、営業利益136億円。東洋インキグループの詳細については、ウェブサイト(schd.toyoinkgroup.com;和文・英文・簡体中文)を参照のこと。

【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキSCホールディングス株式会社
環境安全推進部
担当:内田
TEL 03-3272-0659

【報道・出版関連、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当:水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:119.8KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2012年12月10日