ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2012年

「エコプロダクツ2012」に出展

2012年12月10日 発表

2012年12月10日 掲載

東洋インキSCホールディングス株式会社
東洋インキ株式会社
東洋アドレ株式会社

東洋インキSCホールディングス株式会社(代表取締役社長 北川 克己、東京都中央区)は、12月13日(木)~15日(土)に東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される「エコプロダクツ2012」にグループとして出展いたします。
エコプロダクツ展は、日本最大級の環境展示会で、今年で14回目を迎えます。今年のテーマは「The Greener, The Smarter―えらぼう未来を」で、3日間で約18万人の来場者が見込まれており、出展する企業・団体は約170社・団体にのぼります。
東洋インキグループは過去12回毎年出展しており、近年では子供の来場者向けの企画を取り入れつつ、CSRの視点も入れた展示を実施しています。今回の出展では、「東洋インキグループ」として下記の通り出展し、グループ全体での環境への取り組みをご紹介いたします。

会期:2012年12月13日(木)~15日(土) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:東京ビッグサイト(東京都江東区)
入場料:無料
当社ブース:東5ホール 小間No.5-052
【出展内容】
企業紹介
  • 東洋インキグループの事業活動を構成する4つの事業ドメイン
  • 環境への取り組み事例の紹介(生物多様性への取り組み、CFP、カーボンオフセット)
  • 製品の環境負荷低減、安全・安心への取り組み事例の紹介
  • 「社会・環境活動報告書2012」の配布
製品紹介
  • ライスインキ「TOYO KING NEX® NV100ライス」シリーズ (2011年度グッドデザイン・サステナブルデザイン賞、第8回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞、第21回地球環境大賞経済産業大臣賞地球環境大賞産業大臣賞の三賞受賞製品)
  • “創・蓄・省”環境エネルギーソリューション/太陽電池関連製品
  • クマ笹使用ヘルスケア関連製品「Lionature®」シリーズ (清涼飲料「こゆめ茶®」、フェイスソープ「笹日和®」、愛犬用スナック「ササニオワンダー®」;東洋アドレ製品)
  • PETボトルラベル用ホットメルト接着剤「LABELMELT®
子供向けイベント
  • オリジナル定規作り(ライスインキを用いて印刷したシートを使用)
  • 「こどもチャレンジクイズ」
出展会社:東洋インキSCホールディングス株式会社、東洋インキ株式会社、東洋アドレ株式会社

東洋インキグループについて

東洋インキグループは、1907年創立の印刷インキおよび化学品のグローバルカンパニーである。2011年4月にホールディング制を導入し、持株会社である東洋インキSCホールディングス株式会社を中心に、東洋インキ株式会社・トーヨーケム株式会社・トーヨーカラー株式会社の3社を中核事業会社として、世界19ヶ国に約70社のグループ企業、7,000人以上のグループ社員を抱え、ワールドワイドなビジネスネットワークを展開している。
東洋インキグループの事業は、「印刷・情報」「パッケージ」「ポリマー・塗加工」「色材・機能材」の4つにセグメンテーションされている。印刷インキの製造販売に始まった東洋インキグループの事業活動は、その原材料である有機顔料や樹脂の開発・生産へと領域を拡大し、現在は各種印刷における高付加価値なインキから、機能性素材、天然材料、エレクトロニクス材料などへと拡大している。2008年度より「目指す姿SCC2017―世界に役立つスペシャリティケミカルメーカーへと進化する」を目標として制定、これを基軸としたグループ連峰経営を遂行している。
2011年度のグループ全体の売上は2,453億円、営業利益136億円。東洋インキグループの詳細については、ウェブサイト(schd.toyoinkgroup.com;和文・英文・簡体中文)を参照のこと。

東洋インキ株式会社について

東洋インキ株式会社は、2011年4月における東洋インキグループのホールディング化に際し、中核事業会社の一つとして設立された。グループの事業セグメントの「印刷・情報関連事業」および「パッケージ関連事業」の中核を担い、日本国内および海外のグラフィックアーツ系事業会社を牽引している。東京に本社を置き、埼玉県川越市に生産拠点を有する。あらゆる種類の印刷に向けた、高品質・高付加価値・環境調和に優れた印刷インキに加え、各種の周辺材料、印刷工程の標準化サポート、省エネ・省材、環境対応に関する支援、ユニバーサルデザインや食品衛生管理など消費者の安心・安全に関わるツールやソリューションの提供も行っている。東洋インキ株式会社の詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文)を参照のこと。

東洋アドレ株式会社について

東洋アドレ株式会社は、1975年3月に東洋インキ製造株式会社と米国PETROLITE社(現BAKER PETROLITE社)との共同出資によって設立された東洋ペトロライト株式会社を前身とする。2007年にBAKER PETROLITE社との合弁を解消し、東洋インキ製造株式会社の単独資本となり、翌2008年に現在の東洋アドレ株式会社(TOYO ADL CORPORATION)に社名変更した。設立当初はホットメルト接着剤の製造販売を事業とし、後にワックス、コーティング剤、粘着剤、合成樹脂などの製造販売へと事業を拡大するに至る。2011年に東洋インキグループの関係会社であったトヨネックス株式会社を吸収合併し、かつトーヨーケム株式会社からの事業移管により、天然物由来材料関連事業に進出した。本社は東京都中央区にあり、千葉県千葉市緑区と北海道千歳市に生産拠点を有する。また、大阪にも営業拠点を構えるほか、東洋インキグループの販売系関連会社を通じての製品供給も行っている。東洋アドレ株式会社の詳細については、ウェブサイト(www.toyo-adl.co.jp;和文)を参照のこと。

  • ※ TOYO KING NEX、Lionature、こゆめ茶、笹日和、ササニオワンダー、LABELMELTは、東洋インキSCホールディングス株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
東洋インキSCホールディングス株式会社
環境安全推進部
担当:内田
TEL 03-3272-0659

東洋インキ株式会社
プリンティング事業戦略部プロモーショングループ
担当:高田
TEL 03-3272-5719

【報道・出版関連、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当:水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:148.3KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2012年12月10日