ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2012年

オフセット印刷用インキ「TOYO KING NEX NV100ライス」が第21回地球環境大賞で経済産業大臣賞を受賞

2012年2月29日 発表

2012年2月29日 掲載

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、このたび、第21回地球環境大賞において経済産業大臣賞を、オフセット印刷用インキ「TOYO KING NEX NV100ライス」で受賞しました。

当社は、地球規模での食糧問題やCO2削減などの課題に対し、印刷インキの原材料である大豆油および石油系有機溶剤の、再生植物油や米ぬか油などへの切り替えを推進しています。「TOYO KING NEX NV100ライス」(以下、ライスインキ)は、従来の環境対応型オフセットインキ(大豆インキ)でも10~30%使用されていた石油系有機溶剤を一切含まず、再生植物油および米ぬか油のみを使用しています。
ライスインキで使用している米ぬか油は、需要の全量を日本国内で調達することができる植物油です。従来、米ぬか油は印刷インキ原料としては不適であるとされてきましたが、当社では従来品同等もしくはそれ以上の性能を維持しながらインキ原料化することに成功しました。原料輸送に関わる輸送マイレージの最小化がCO2削減を実現するとともに、米ぬか油を搾油したあとの脱脂ぬかは、産地の飼料メーカーにより家畜飼料として再利用されることで、地産・地消による産業経済循環サイクルが形成されます。また、再生植物油は、主に学校給食などで使用された“使用済み食用油”を回収し、再生したものを利用していることで、持続可能社会の実現に大きく貢献します。
このように石油系有機溶剤を使用しないことにより、VOC(揮発性有機化合物)の発生がゼロとなり、印刷工程における作業環境を改善し、石油系資源から再生可能資源へのシフトを促進することで、地球環境保護にも貢献します。

地球環境大賞について

地球環境大賞は平成4年、「産業の発展と地球環境との共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン、名誉総裁・秋篠宮殿下)の特別協力を得て創設されました。本制度は地球温暖化防止や循環型社会の実現に寄与する新技術・新製品の開発、環境保全活動・事業の促進や、21世紀の社会システムの探求、地球環境に対する保全意識の一段の向上を目的としています。
第21回地球環境大賞の授賞式は、4月24日(火)に執り行われる予定です。
詳しくは「地球環境大賞」ウェブサイト(http://www.fbi-award.jp/eco/index.html)をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
東洋インキ株式会社
プリンティング事業戦略部
担当 鍵村
TEL 03-3272-3382

【報道・出版関連、その他一般の方々】
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 林・水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:118.2KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2012年02月29日