ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2011年

オフセット印刷用インキ「TOYO KING NEX NV100 ライス」が第8回エコプロダクツ大賞優秀賞を受賞

2011年11月22日 発表

2011年11月22日 掲載

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、このたび、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する「第8回エコプロダクツ大賞」の「エコプロダクツ部門」において、優秀賞である「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞」を、オフセット印刷用インキ「TOYO KING NEX NV100 ライス」で受賞しました。
エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)は、大賞に次いで優れたエコプロダクツであると認められたものに授与されます。今回の大賞においては、「エコプロダクツ部門」94件、「エコサービス部門」17件の合わせて111件の応募があり、エコプロダクツ大賞推進協議会内に設置された審査委員会における審査の結果、大賞、優秀賞、特別賞、奨励賞あわせて23件が受賞しました。

当社は、地球規模での食糧問題やCO2削減などの課題に対し、印刷インキの原材料である大豆油および石油系有機溶剤の、再生植物油や米ぬか油などへの切り替えを推進しています。「TOYO KING NEX NV100 ライス」(以下、ライスインキ)は、従来の環境対応型オフセットインキ(大豆インキ)でも10~30%使用されていた石油系有機溶剤を一切含まず、再生植物油および米ぬか油のみを使用しています。
ライスインキで使用している米ぬか油は、需要の全量を日本国内で調達することができる植物油です。従来、米ぬか油は印刷インキ原料としては不適であるとされてきましたが、当社では従来品同等もしくはそれ以上の性能を維持しながらインキ原料化することに成功しました。原料輸送に関わる輸送マイレージの最小化がCO2削減を実現するとともに、米ぬか油を搾油したあとの脱脂ぬかは、産地の飼料メーカーにより家畜飼料として再利用されるので、地産・地消による産業経済循環サイクルが形成されます。また、再生植物油は、主に学校給食などで使用された“使用済み食用油”を回収し、再生したものを利用しているので、持続可能社会の実現に大きく貢献します。
このように石油系有機溶剤を使用しないことにより、VOC(揮発性有機化合物)の発生がゼロとなり、優れた環境負荷低減を実現します。

今回の受賞に際しては、『石油系有機溶剤を含まずカーボンニュートラルである』点、および『化石資源から再生可能資源へのシフトが促進されることが期待できる』点が高く評価されました。
エコプロダクツ大賞の授賞式は、12月15日(木)から東京ビッグサイトにて開催される「エコプロダクツ2011」展の会場にて行われます。

エコプロダクツ大賞について

「エコプロダクツ大賞」は、環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品・サービス(エコプロダクツ)を表彰することを通じて、それらに関する情報を需要者サイドに広く伝えるとともに、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援することで、わが国におけるエコプロダクツのさらなる普及を図ることを目的に、2004年創設され、第2回からは中小企業のエコプロダクツへの取り組みを奨励するために、審査委員長特別賞(奨励賞)が設けられています。さらに今回は、本年3月の東日本大震災の影響によって電力需給がひっ迫したこと等を踏まえ、エコプロダクツ大賞推進協議会特別賞として「節電大賞」、「節電優秀賞」を新設しました。詳しくは、財団法人地球・人間環境フォーラムウェブサイトの「第8回エコプロダクツ大賞の結果について」ページ(http://www.gef.or.jp/ecoproducts/8th_result/index.htm)をご覧ください。

カタログ表紙

■本件に関するお問い合わせ先
東洋インキ株式会社 プリンティング事業戦略部
担当 芹澤、江島
TEL 03-3272-3382

[報道・出版関連、その他一般の方々]
東洋インキSCホールディングス株式会社
グループ広報室
担当 水谷
TEL 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:371.6KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2011年11月22日