ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2011年

「東北地方太平洋沖地震」による影響について(第二報)

2011年4月4日 発表

2011年4月4日 掲載

2011年3月11日に発生いたしました「東北地方太平洋沖地震」により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
現在把握しております当企業グループの被害状況等について、下記のとおりお知らせいたします。

<生産設備への影響>

震災により東日本における製造所で軽微な被害が発生しましたが、生産能力に支障はありません。

<計画停電による影響>

生産過程の停電が、品質上大きな影響を与える製品も一部あります。これについては停電が計画されていない時間帯において生産するようシフトの変更を行っております。

<原材料の調達への影響>

当企業グループの「印刷・情報関連事業」、「パッケージ関連事業」及び「ポリマー・塗加工関連事業」の各製品において一部原材料の入手が困難となっておりますが、各事業会社において対応策を検討しており、業績への影響を最小限に止めるべく努力しております。

<放射能による製品への影響>

当企業グループの製品につきましては、政府が定めた福島第一原子力発電所の避難区域からの原材料の供給は一切なく、生産場所も福島第一原子力発電所から少なくとも200km以上離れており、屋内製造、容器内保管であり被曝の可能性は低く、今回の放射能漏れの影響は非常に少ないと考えます。

本件に関するお問い合わせ先
東洋インキSCホールディングス株式会社
広報グループ 春田、東郷
Tel: 03-3272-5720

以上

PDFファイル(PDF:99.6KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2011年04月06日