ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2010年

東洋インキ、米国の印刷インキ事業を再編 マーケティングと生産の相乗効果および効率性の向上を目指す

2010年11月1日 発表

2010年11月5日 掲載

2010年11月1日、ニューヨーク州ニューヨーク — 東洋インキグループの米州事業持株会社であるTOYO INK INTERNATIONAL CORP.社は、本日、印刷インキ事業の戦略的再編を発表した。この再編は、同社におけるマーケティングおよび生産の機能間でより良い調和を図り、グローバルな顧客基盤に対して新たな製品やテクノロジー、サービスを提供する能力を向上させることを目的としている。この再編によって、同社の製品ラインアップはより望ましい形での統合が可能となる見込みで、なお一層調整の図られた市場アプローチや、事業運営上の非効率性低減が促されることになる。

新組織のもと、完全保有子会社であるTOYO INK AMERICA, LLC社は、姉妹子会社TOYO INK TECHNOLOGIES, LLC社のパッケージ用インキおよびポリマー事業を吸収し、同社の既存商業印刷インキ事業と合併させることになる。今回の取得案件には、TOYO INK TECHNOLOGIES社の生産事業と、テキサス州ブライアンにある同社のフレキソ印刷インキおよびポリマー生産施設も含まれている。その後、TOYO INK TECHNOLOGIES社を正式に解散する予定である。

今回の再編は、TOYO INK TECHNOLOGIES社の資産であったFluid Ink Technologies社のブランドとその知的財産であるインキ配合技術を、東洋インキが2010年4月に買収したことを受けたものである。単一の会社組織のもと、リキッドインキ、ペーストインキ双方の事業を統合することで、東洋インキは印刷インキ市場でより強固な足場を確保できるだけでなく、販売とサービス提供における相乗効果を高めることも可能となる。

新体制となったTOYO INK AMERICA社の笹島衛CEOは、次のように語っている:「今回の統合によって、マーケティングへの取り組みをさらに調整し、クロスセリングやアップセリングの好機にてこ入れを図ることで、グローバルな顧客基盤の拡大に弾みをつけることができます。当社では、より広範で包括的な印刷資材やサービスのラインアップにより、顧客サポートの質を改善していく位置付けを図るとともに、南北アメリカ大陸での印刷市場シェアをさらに高める対応能力を向上させていきます。」

新たに獲得したテキサスの生産施設と連携して、TOYO INK AMERICA社は、イリノイ州アディソンの本社拠点にてペーストインキの生産に乗り出す。この施設では、同社が2011年末までに規模が2倍となるような大々的な施設拡張が実施される予定である。生産機能の統合により、東洋インキでは、全体的な生産性を押し上げることで資源効率の最大化を図るとともに、事業を継続していくためのプラットフォーム開発も可能となる。

TOYO INK AMERICA社に新設された印刷インキ部門のJohn Copeland部門統括社長は、次のように述べている:「東洋インキは、一貫した高品質製品と信頼できるサービスの安定供給を、将来にわたって南北アメリカの顧客のために確保するよう、全社を挙げて取り組んでいます。この新組織体制により、当社は部門間を横断するより広範な生産機能の調整や、製品・情報フローの最大効率化向上という恩恵に与ることができるのです。」

TOYO INK AMERICA社の新たな印刷インキ部門では、商業印刷やフレキシブルパッケージ、紙器、ラベル印刷といった市場向けの印刷資材やソリューションの販売、開発および生産に重点を置くことになる。TOYO INK AMERICA社の生産・研究部門の陣頭指揮には、古賀安男製造担当取締役があたる。接着剤・機能性ポリマー事業が含まれる同社のケミカル部門は、上野孝司ケミカル部門担当取締役が統括していく。

ニュージャージー州ティーネックに拠点を置くTOYO INK MFG. AMERICA社は、有機顔料やスペシャリティ素材、化学品の輸入会社として、その機能を引き続き担っていく。

アジア全域で長年にわたり印刷・包装イノベーションのリーダー的存在である東洋インキは、地域レベル、グローバルレベルの双方におけるグループの拡大計画に沿って、米国のインキ分野での地位強化を目指している。

TOYO INK INTERNATIONAL CORP.社について

ニューヨークに本社を置くTOYO INK INTERNATIONAL CORP.社は、親会社である日本の東洋インキ製造株式会社www.toyoink.co.jpの南北アメリカ事業持株会社である。東洋インキはアメリカ大陸市場向けの高性能な印刷インキ、有機顔料、機能性製品(接着剤用ポリマー、コーティング材、インクジェット、顔料分散体など)、パッケージ用インキおよび関連製品に関するリーディングプロバイダーである。TOYO INK INTERNATIONAL社についての詳細な情報は、ウェブサイトwww.toyoink.comを参照のこと。

本リリースに関する問い合わせ先(日本国内)
東洋インキ製造株式会社
総務部広報グループ
TEL:03-3272-5720

※ この和文ドキュメントは、米国グループ会社TOYO INK INTERNATIONAL CORP.が米国内に向けて発表した英文リリースドキュメントをもとに、日本向けに文面をアレンジしています。
したがって、対応する英文ドキュメントとは内容・表現において異なります

原文(PDFファイル;http://www.toyoink.com/news/110110_toyo_us_reorg_final.pdf)

以上

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2010年11月05日