ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2010年

ExpoPrint Latin America 2010(ブラジル)に出展

2010年5月11日 発表

2010年5月11日 掲載

東洋インキ製造株式会社(代表取締役社長 佐久間国雄、東京都中央区)は、2010年6月23日(水)~29日(火)にブラジル・サンパウロにて開催される印刷関連資材展示会「ExpoPrint Latin America 2010」に初の南米出展を行う。

出展における東洋インキグループのスタンスおよび基本コンセプト

東洋インキグループは、現在遂行している長期プラン「目指す姿SCC2017」の中で、"世界に役立つスペシャリティケミカルメーカーへの飛躍"を目標に掲げており、グローバルに評価されるサイエンス志向の企業集団へと進化すべく、事業活動・企業活動を行っている。このExpoPrint展への出展もまた、そうした製品プロモーション活動やコーポレートプロモーション活動の一環であると位置付けている。
ブラジルで開催されるこのExpoPrint展は今回で2回目となるが(第1回は2006年)、当社グループにとっては南アメリカ地域での初の展示会参加となる。当社グループは、この5月サンパウロに、印刷インキを主営業品目とする販売会社「TOYO INK BRASIL LTDA.(東洋インキブラジル・リミターダ社)」を新設し、事業を開始している。ExpoPrint展は、この新会社の"ファースト・プロモーション"の場と位置付けている。

当社グループは、ExpoPrint展への出展テーマとして「Image the Future―Together, Our Potential Is Limitless」を掲げている。これには、東洋インキグループが一つの印刷資材デベロッパーとして南アメリカ地域に溶け込み、ブラジルをはじめ周辺各国の印刷業界にとって"共に成長し、未来を切り拓いていくビジネスパートナーとしてのTOYO INK"となりたい、というメッセージが込められている。

出展の概要

ExpoPrint Latin America 2010東洋インキブースでは、オフセットインキ、UV硬化型インキ、グラビアインキなどを中心に製品展示する。

オフセット枚葉インキ
TOYO KING NEX™シリーズ
東洋インキの主力オフセット枚葉インキ「TOYO KING NEX」シリーズ。
ハイエンド市場を中心に展開している「TOYO KING NEX ERP」シリーズは、ISO12647-2規格(Japan Color)に準拠した色相で、印刷適性面で高い評価を得ている。
TOYO KING NEX NV100」シリーズは、温暖化の原因ともなる石油系溶剤を使用せず、完全植物油使用の“脱石化製品”であり、今後の枚葉インキラインナップの中核を担う。
広演色オフセット枚葉インキ
Kaleido Ink™シリーズ
東洋インキが提案する広演色再現ソリューション「Kaleido Ink」シリーズは、通常のプロセスインキでは再現できない色域を6・7色印刷に頼らずに表現でき、Adobe RGBのカラーガモットの大部分をカバーする。
大豆油使用の標準品「Kaleido SOY」シリーズ、水なし印刷用の「Kaleido Aqualess」シリーズ、UV硬化型の「Kaleido UV」シリーズをラインナップ。
UV硬化型オフセットインキ
FLASH DRY™シリーズ
 UV光で瞬間硬化し強靭なインキ皮膜を形成する、東洋インキのUV硬化型インキ「FLASH DRY」シリーズ。
紙パッケージ向けで高硬化・高光沢を実現する「FLASH DRY KTNX」シリーズ、プラスチックパッケージ向けで高密着タイプの「FLASH DRY O NEW HF1」シリーズ、基材を選ばないマルチペーパー対応の「FLASH DRY MP」シリーズをラインナップ。 
省エネルギーUV硬化型インキ
FLASH DRY™ HSシリーズ
FLASH DRY™ LEDシリーズ
環境対応を強く意識し、UV感度を向上させることで、硬化に要するUV照射エネルギーを削減できる、新しいタイプのUV硬化型インキ群。
照射UV量(=乾燥エネルギー)を従来比1/2~1/4に削減できる「FLASH DRY HS」シリーズと、UV発光するLED光源(従来比1/4)に対応した「FLASH DRY LED」シリーズを紹介する。
UV硬化型コーティングニス
FLASH DRY™ CLEARCOATシリーズ
カラー印刷後に塗布することで光沢などの美粧性を高めるニス。今回紹介する他にも様々な機能性を持つニスがラインナップされている。
FLASH DRY CLEARCOAT EX」は、PPフィルムラミネートに匹敵する超光沢性を有し、美粧性を高めながらも生産性向上と廃棄物削減に貢献する。「FLASH DRY CLEARCOAT FR」は、耐指紋性を付与した高光沢ニスで、店頭陳列用パッケージの美粧性劣化の防止に適している。
インクジェットインキ
LIOJET™シリーズ
T-Press™ LIOJET™シリーズ
東洋インキの顔料合成・分散技術の粋を結集させた顔料型インクジェットインキ「LIOJET」シリーズ。
溶剤型の「LIOJET SR」シリーズは、保存安定性、濃度、色再現性に優れており、高品質を重視した「SR036K」とコストパフォーマンス重視の「SR061K」を紹介する。
UV硬化型では、塩化ビニルへの密着性に優れ、高速乾燥と強靭な皮膜の「LIOJET FV」シリーズと、塩化ビニル・ポリカーボネート・アクリル・PET・ポリプロピレン・ガラスなど多様な基材に対応する「LIOJET NC」シリーズを紹介する。
さらに、様々な商業印刷やダイレクトメール、ラベル印刷用途のPOD向けインクジェットインキ「T-Press LIOJET」シリーズを紹介する。
軟包装材用ラミネートインキ
LIOVALUE™
AQUAECOL™
AQUA LIONA™
東洋インキのラミネートインキは、多様な基材(フィルム)への対応と、耐熱性や環境対応性など目的に合わせた製品がラインナップされている。
この展示では、高品質なレトルトパウチ向けの溶剤型グラビアインキ「LIOVALUE」、また、基材を選ばず高温レトルトに対応した水性グラビアインキ「AQUAECOL」、そして同じく水性型で高生産性かつ環境負荷を極力抑えたフレキソインキ「AQUA LIONA」を紹介する。
ドライラミネート接着剤
TOMOFLEX™シリーズ
東洋インキグループの粘接着剤技術は、多様なニーズに対応したラミネート接着剤というかたちで人々の暮らしに貢献している。
スナック~ボイル用の「TM-218S」やボイル・アルミ用の「TM-585-60M」は、各種プラスチックフィルムおよびアルミ箔向けの2液硬化型ドライラミネート接着剤で、濡れ性や仕上がり外観に優れる。
さらに、塗工性、耐内容物性、耐熱性にも優れ、高温レトルト(~135℃)用途に適した「TM-250HV」も紹介されるが、他にもユーザの要求性能に応じて様々な接着剤を提供できる。
缶コーティング材・金属インキ
CP-2シリーズ
CP-3シリーズ
CPDI™シリーズ
東洋インキグループの金属インキおよび缶コーティング材は、優れた品質で実績があり、日本をはじめアジア圏において高いシェアを有している。本出展を機に、南米市場にとっての“印刷資材調達の新たな選択肢”となることを目標としている。
加えて、興味深い素材として、缶表面に触感をプラスする「CPDI Foam Ink(発泡インキ)」を紹介する。
  • 開催期間 2010年6月23日(水)~6月29日(火) (7日間)
  • 開催時間 平日:13:00~20:00 土日:10:00~17:00
  • 会場 ブラジル・サンパウロ トランスアメリカエキスポセンター(Transamerica Expo Center)
  • 当社ブース B-26

本リリースに関するお問い合わせ先
TOYO INK BRASIL LTDA. (ブラジル・サンパウロ)
TEL: +55 11 8279 5927
MAIL: info@toyoink.com.br

TOYO INK AMERICA, LLC (米国・シカゴ)
TEL: +1-630-930-5060
MAIL: csr@toyoink.com
URL: www.tia.toyoink.com

TOYO INK INTERNATIONAL CORP. (米国・ニューヨーク)
Nancy Ikehara
Communication Specialist
TEL: +1-212-554-2310
FAX: +1-212-554-2319
MAIL: nikehara@toyoink.com
URL: www.toyoink.com

東洋インキ製造株式会社 (日本・東京)
総務部広報グループ
春田・東郷
TEL: 03-3272-5720
FAX: 03-3272-9788
MAIL: master@toyoink.co.jp
URL: www.toyoink.co.jp

以上

PDFファイル(PDF:155.5KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2010年05月11日