ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2009年

IJデジタル校正システム活用のカラーユニバーサルデザインワークフローを開発
-富士フイルムグラフィックシステムズ社とのコラボレーション-

2009年12月9日 発表

2009年12月10日 掲載

東洋インキ製造株式会社(代表取締役社長 佐久間 国雄、東京都中央区)は、富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社(代表取締役社長 吉田 整、東京都千代田区:以下FFGS社と表記)と共同で、FFGS社製ファインジェットプルーファー「PRIMOJET」シリーズと、東洋インキ製造独自のカラーユニバーサルデザイン(CUD)支援ツール「UDing」の連動による、CUD対応印刷物制作ワークフローを開発しました。
東洋インキ製造は、FFGS社の「PRIMOJET」シリーズについて、従前より全国の販売ルートを通じた多くの販売実績を有しています。CUD技術においてリーデイングカンパニーである東洋インキ製造は、この「UDing」技術を「PRIMOJET」シリーズにも提供し、印刷物のCUD推進に貢献します。

このワークフローは、自社のCUD支援ツール「UDing」の一機能である「CUDチェック機能」と、FFGS社のIJ方式デジタル校正システムの忠実かつ安定した色再現能力の組み合わせにより、従来モニタ上での確認にとどまっていたCUD対応の印刷物制作ワークフローをプルーフ(校正)段階にまで拡張したものです。これにより、商業印刷の大勢を占めるプロセス4色印刷物の制作において、印刷段階でのCUD対応状況を事前に確認することが可能となりました。
なお、本ワークフローは、NPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)」によるCUD認証を取得しており、本ワークフローを利用した印刷物へのCUDマーク認証取得が容易となります。

東洋インキ製造のCUD支援ツール「UDing」は、2004年1月に発表して以来、国内外で継続して無償提供が行われています。その出荷実績は現在既に8000本以上に達しており、全国の印刷会社、印刷物のクライアント(自治体、メーカー等)、デザイナー、さらには建築関係にまでその利用が広がっています。
FFGS社の「PRIMOJET」シリーズは、実印刷物に極めて近い色再現を実現する、インクジェット方式のデジタル校正システムで、国内印刷分野において高い占有率を有しています。
「PRIMOJET」シリーズに「UDing」を連動させるためのプロファイルは、近日FFGS社ホームページ「FFGSサポートタウン(有償保証契約社対象)」を通じて希望ユーザーへ無償提供されます。

東洋インキ製造は、来年1月19日に開催する「プライベートショウ2010」において、これら「UDing」技術を紹介する準備を進めています。

東洋インキ製造およびFFGS社の「企業による社会貢献」の取り組みについて

東洋インキ製造は、そのCSR行動指針において『社会的な価値のある生活文化の向上に奉仕すべく、本業を基盤とした社会貢献を行う』としており、『色彩の総合メーカーの責務として独自技術を活用したカラーユニバーサルデザイン(CUD)コンセプトの啓発を通して、誰もが快適に暮らせる社会の実現に寄与すること』を掲げています。
富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社(FFGS社)は、富士フイルムグループの印刷関連資材・機器・ソフトウェア等の販売会社であり、『先進・独自の技術をもって、最高品質の商品やサービスを提供する事により、社会の文化・科学・技術・産業の発展、健康増進、環境保持に貢献し、人々のクォリティ オブ ライフのさらなる向上に寄与すること』を掲げています。
両社は各々の掲げる「企業による社会貢献のあり方」を実現すべく事業活動を遂行しており、今回のコラボレーションはその一事例となっています。

補足:カラーユニバーサルデザイン(CUD)が目指す方向性について

現在、日本国内には色覚に障がいを持っている方が約320万人いると言われており、そのような方々に配慮した環境づくりが各所で始まっています。実際にCUDを実践する上で陥りやすいのが、「CUDには使える色はこれだけ。残りは使えない色だ」という短絡的な誤解によって、配色の自由度を著しく制限してしまうケースです。本来あるべきCUDは、単純に使用可能な色数を制限することではなく、人間の視覚・色覚の多様化を考慮した上で、あらゆる人にとって見やすいカラーデザインを実現していくところにあります。
東洋インキ製造のCUD支援ツール「UDing」は、このようなCUDの目指す方向性に準じて設計、開発されたソフトウェアです。

本リリースに関するお問い合わせ先
東洋インキ製造株式会社
総務部広報グループ 春田 誠
Tel:0120-84-7400

本リリースに関するお問い合わせ先
東洋インキ製造株式会社
カスタマーネットワーク本部
マーケティング部 池田 卓美
Tel:03-3272-5719

以上

PDFファイル(PDF:124.9KB)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロード


更新日:2009年12月10日