ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2009年

UV硬化型耐指紋ハードコート剤を開発・販売開始

2009年6月24日 発表

2009年6月24日 掲載

東洋インキ製造株式会社(代表取締役社長 佐久間 国雄、東京都中央区)は、プラスチックフィルムなどの表面に付着した指紋を目立たせず、かつ拭き取りやすくする機能を持つ、UV硬化型耐指紋ハードコート剤「リオデュラスEFC200シリーズ」の販売を開始した。

リオデュラスEFC200シリーズは、クリアハードコート剤としての基本性能である高透明性、高機械強度性能を保持しつつ、親油タイプの防指紋性をコンセプトに開発されたハードコート剤である。各種プラスチック材料に対応し、「指紋が付着しにくい」「付着した指紋が目立たない」「付着した指紋を拭き取りやすい」を特長としている。
携帯電話の表示画面部分はもとより、タッチパネルを装備した携帯電話、モバイル機器およびPCなど、指で直接触れる可能性のある表示部分にリオデュラスEFC200シリーズを用いることにより、指紋の付着を低減し、クリアな表示を確保することができる。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
東洋インキ製造株式会社
総務部広報グループ
TEL:0120-84-7400

以上



更新日:2009年06月24日