ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

2008年

「UDingシミュレーター」が『2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)』を受賞

2008年10月8日 発表

2008年10月8日 掲載

東洋インキ製造株式会社(代表取締役社長 佐久間 国雄、東京都中央区)は、このたび財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2008年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を「UDingシミュレーター」で受賞した。

当社はこれまで培ってきたデジタル色彩技術をカラーユニバーサルデザインの分野に応用することで、色覚タイプが異なる人の見え方をシミュレートするソフトウェアを開発した。このソフトウェアを利用することで、誰もが見分けやすい色使いのカラーデザインを容易に作成することが可能となる。
これに対して今回、グッドデザイン賞では「一般生活者の中にも多くいる色覚の障がいに、問題へのソリューションとして、デザインする側をサポートしていくという仕組みそのものにリアリティがあり、とても意義深い。また、実際に使用する人が直感的に扱える、わかりやすいインターフェイスである」ことが高く評価された。

このソフトウェアは現在、愛知県豊橋市や静岡県浜松市をはじめとする地方自治体などの公共機関とはじめ各種メーカー、印刷、サイン関連、交通機関、NPOなど多方面に亘り、累計約3,500本が利用されている。
当社では今後より一層、色彩の総合メーカーとしてカラーユニバーサルデザインを啓発していくことで、誰もが快適に暮らせる社会の実現を目指す。
なお、本年度グッドデザイン賞表彰式は、11月6日に東京都内で開催される予定。

GOOD DESIGN

製品名称:「UDing」シミュレーター

「UDing」シミュレーター
社会生活の中でよりよい環境を誰もが普通に実践できるようこのソフトウェアは無償で配布しております。当社ウェブサイト(http://www.toyoink.co.jp/ud/)よりお申し込みください。

ご説明:グッドデザイン賞(Gマーク)とは

「グッドデザイン賞(Gマーク)」は1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・奨励制度です。これまで50年以上にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は32,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

本件に関するお問い合わせ先
東洋インキ製造株式会社
CNK本部マーケティング部 山崎 美紀
TEL : 03-3272-5719 FAX : 03-3272-0658

以上



更新日:2008年10月08日