ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

TOYOINKSC Recruiting Information

人材育成制度

人材育成システム
社員それぞれの個性に裏付けられた能力を発揮できる環境を提供
それぞれの社員が個性に裏づけされた能力を発揮できる環境がなければ、世の中にない製品を生み出すことはできません。このため、東洋インキグループでは、教育研修、異動を通じての育成、職場を通じての育成を人材育成の3本柱とし、社員が成長していくための基盤を整えています。

教育研修

東洋インキ専門学校【研修プログラム例】
同時通訳が行えるセミナールームなども完備
同時通訳が行えるセミナールームなども完備
■エントリープログラム(1〜3年目の若手全社員を対象としたプログラム)
東洋インキグループの事業や製品知識に関する研修をはじめ、ロジカルシンキングやプレゼンテーションなどのスキルや知識を徹底的に習得する。
■海外要員研修(次世代リーダーの育成を目的としたプログラム)
海外で活躍できる人材を育成するために「海外要員研修」に力を入れている。語学は当然として、異文化コミュニケーション、プレゼンテーションスキル、ミーティング&ネゴシエーションスキル、経営シミュレーションといった研修を1年間みっちりと時間をかけて行う。
■学科制プログラム(職種に応じて、専門性や職務スキルを高めることを目的にしたプログラム)
営業・技術・製造・スタッフ、各職種に応じた教育は「学科」と呼ばれ、専門性をより深めるための教育が行われる。たとえば、技術者向けの学科。「コア技術セミナー」では、東洋インキグループの持つコア素材やコア技術、新たなテーマについて研究所・事業技術部門の担当者が講義を行い、全社で技術共有する取り組みがなされている。また、「実験計画法講座」など、研究開発をより効果的に、効率的にすすめていくためのスキルを身につける研修も、数多く開催されている。

異動(異動を通じての育成)

TOYO INK GROUP