ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

TOYOINKSC Recruiting Information

ここでは、東洋インキグループの各研究所の研究開発内容をダイジェストで紹介します。

マテリアルサイエンスラボ---次世代新素材・新技術の探索・研究・開発を手掛ける

マテリアルサイエンスラボ
東洋インキグループのR&D戦略において、中・長期的視野に立った次世代新素材と新技術の探索につとめるのが、マテリアルサイエンスラボです。色彩材料等の有機素材や、無機素材、ハイブリッド素材に東洋インキグループのテクノロジーを加えることで、「新しいモノ・世の中にないモノを生み出していくこと」を目指しています。ビジネスの独創性や差別化を追求していくためにも、基礎技術力の革新は研究所のメインテーマとなります。

ポリマーデザインラボ---新規ポリマーに関するコアテクノロジーを研究する

ポリマーデザインラボ
樹脂は顔料と並んで東洋インキグループが誇るコア素材のひとつです。ポリマーデザインラボが専門的な研究開発にあたっています。樹脂合成技術・制御技術などを中心に、新たな分野へ参入を果たすためのキーテクノロジーとして技術の深化につとめています。次世代の樹脂、塗料、粘接着剤、エレクトロニクス材料の開発にも力を入れ、重要テーマとして環境対応素材の開発も掲げています。高分子技術をつきつめていくために必要な、分子レベルでの分析・評価技術の高度な蓄積のための最新鋭の測定・分析機器も充実。先端の研究開発環境を整えています。

未来事業研究所---新事業・新システムを開発する

未来事業研究所
従来のようなメーカー中心のプロダクトアウトの時代は終焉し、より強く市場のニーズを意識するマーケットインへと産業の仕組みは変化しています。その中で、イノベーションラボでは、基礎研究段階、長期的視野に立って開発された新素材を活用し、より市場を意識した視点から研究開発を行っています。 有望な素材や新技術について、基礎から開発品の立ち上げ、パイロットプラントでの試作、さらには新システム化・新事業化まで一貫した体制で開発を担当、東洋インキグループのコア・テクノロジーを最大限に活かした高付加価値材料とシステムの開発を行っています。シーズとニーズを見極める視点が研究のポイントとなります。

プロセスイノベーション研究所---製造所・工場における生産システムの合理化と生産技術の高度化を推進する

プロセスイノベーション研究所では、オリジナリティあふれる製品を、コスト面、品質面ともに優位性を持って、かつ世の中に安定供給するために、製法技術の革新や円滑な生産活動に関する研究を行っています。研究開発部門でもたらされた開発品の性能をいかに生産レベルでクリアするかに留まらず、コスト面も意識し、事業全体をマクロ的に捉えることが求められます。

また、ますますグローバル化する生産活動において、原材料の受け入れ、製品化、出荷、販売までの情報を統合し、円滑かつ最適な生産システムを完成させるためのより高度なFA化、CIM化の展開なども重要なミッションです。

プロセスイノベーション研究所で活躍する技術者の取り組む技術領域は加速的に拡がっており、機械工学出身の技術者のみならず、化学工学や有機合成、電気工学など、さまざまな専門分野を持つメンバーが連携しています。

TOYO INK GROUP