塗加工生産部生産課 トーヨーケム株式会社

K. T.(入社9年目)

  • >
  • PEOPLE 人を知る | 生産 K. T.

人とは違う視点を活かして、多様さを持つ強い組織づくりに貢献したい。

生産と技術の両面から培った、現場での経験。

現在は塗加工生産部という部門で、様々なフィルムやシートへの塗工、加工を担っています。入社直後に配属となったのは同部門の工程管理課というところで、品質の安定化や効率化など生産ラインの改善を行いました。入社5年目に技術部へ異動。塗加工製品全般の開発に従事し、生産部とは別の視点から開発の流れや設計意図などを学ぶことができました。その後、新たな生産プロジェクトを担当。設備を新設し生産部へ移管することになった流れで、現在の部署にきました。この案件の立ち上げで、技術から生産管理、品質保証、生産技術、工程管理までの運用を決定するという経験をしました。現在のミッションは、このプロジェクトが安定して生産を継続できるよう、受注から出荷までの一連の工程を最適な状態でシステム化していくこと。一つの製品に深く寄り添って、お客様、技術部門、生産現場と共にモノづくりを進めていくために、どう情報をスムーズに連携していくかがとても重要です。日々自分で考え行動することを心がけています。

入社2年目で、生産建屋の建設を担当。

今でも印象に残っているのは、入社2年目に生産建屋の建設を担当したときのことです。元々の建屋と同規模のものを新設し、中を繋いでラインを拡張するというかなり大規模な工事でした。モノの動線、作業のしやすさ、品質維持のための設備設計など、考えなければならない事が数多くあり、命じられた時はプレッシャーを感じたほどです。ですが、「あるべき姿を目指す上ではいくつかのセオリーがあり、それを自身で見定めシミュレーションを重ねればゴールが見えてくる」ということが分かり、身になることの多いプロジェクトでもありました。考える時間をもらって、じっくり実行して、時に失敗も重ねて、という環境で学ばせてもらったことが大きいと思います。実際に建屋として形になった時は、大きな達成感を得られました。今ではその設備が生産設備の主力となっており、誇らしいの一言に尽きます。

自分の強みを知り、組織の強さにつなげたい。

建屋新設のプロジェクトでも感じましたが、当社には若いうちから仕事を任せてもらえる風土があります。もちろん上司や先輩に指導を仰ぎながらではありますが、実際に責任の大きな業務で現場に貢献できる点は、やりがいにつながると実感しています。自分自身は電気工学科出身なので、化学系の知識が深い社員が多い中で引け目を感じることもありました。しかし様々な経験を経て、周囲とは違う知識を持っていることは強みでもあると思うようになりました。別の視点から現場を見ることができますし、機械や生産設備のトラブルがあった際、その原因を推測できたこともたくさんありました。直接生産に関わってきて思うのは、より良いモノづくりのためには、人と人のつながりが要になるということ。それには、同じ考えの人が集まるより、多様なバックグラウンドや考えを持つ人が集まることで、より良い組織にできる。そう信じて、独自の視点を持つ社員でいることを心がけながら、色々な部署にも臆せず飛び込み、様々な人と関わることで良いつながりを生み出していきたいと思っています。