ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

経営情報

経営方針(中期経営計画)

2007年に創立100周年を迎えた東洋インキグループは、次なる100年を迎えるための第一歩として、創立110年(2017年)における目指す姿として「SCC(Specialty Chemical maker Challenge/Science Company Change)2017」を設定しました。この2008年からスタートした「SCC2017」の9年間をさらに3年単位で分割し、SCC-Ⅰ(2008年度〜2010年度)、SCC-Ⅱ(2011年度〜2013年度)、そしてSCC-Ⅲ(2014年度〜2016年度)の3つの中期経営計画として、それぞれの目標達成に向けた企業活動を推進しています。

中期経営計画「SCC-Ⅲ」の3年間は、SCC2017の仕上げと、次なる10年先(2027年)を見据えたあるべき姿の実現への助走期間となります。「SCC-Ⅰ」「SCC-Ⅱ」では《Specialty Chemical maker Challenge》のコンセプトの下で成長戦略を進めてきました。「SCC-Ⅲ」では、SCCを《Science Company Change》と読み替え、ケミカルを基盤にサイエンス思考を高めた発想を取り入れると同時に、世界の多様な文化やライフスタイルに対しても一層目を向けていくことで、「モノづくり」の幅を拡げ事業領域(事業ドメイン)の拡大を図り、人々の生活文化の向上にグローバルに貢献していきます。

ページの上部へ

目指す事業ドメインとそれを実現させるテクノロジープラットフォーム

事業ドメイン

Life Science — ライフサイエンス

健やかな暮らしに貢献する

多様な国・地域、文化や考え方を生活者の視点で見つめ直し、「安全・安心」「健康」「快適」をキーワードに、これまで培ってきた材料技術を水平展開して人々の明日の「暮らし」を創造していく事業ドメイン

SCC-Ⅲにおける重点分野:パッケージ,ヘルスケア

CommunicationScience — コミュニケーションサイエンス

心の豊かさに貢献する

生活により溶け込んだ情報メディアを人々が求めていく中で、多種多様なメディアが、コンテンツを介して融合するという進化を遂げていくなか、高精細・高品質の技術で暮らしに彩りを提供していく事業ドメイン

SCC-Ⅲにおける重点分野:エレクトロニクス,ファインイメージング

Sustainability Science — サスティナビリティサイエンス

持続可能な社会に貢献する

かけがえのない地球環境を次の世代に確実に継承していくために、自然環境や資源を損なわずに豊かに暮らせる社会を実現し、自然との共生やエネルギーの創生、天然資源の活用を通じて未来の社会に貢献していく事業ドメイン

SCC-Ⅲにおける重点分野:環境調和,エネルギー関連

テクノロジープラットフォーム

Solutions — ソリューション

実際の生活シーンにおける使われ方を想定して、複数の製品・商品を組み合わせ、活用方法までをコーディネートすることで、生活者に執っての価値を高める技術

カラーマネジメント,コンサルティング,意匠,デザインなど

Module Designing — モジュールデザイニング

素材・加工品を組み合わせて目標の機能を満たすモジュールを構成し、かつそれらの機能性を検証する設計・構成・評価技術

デバイス・回路設計,モジュール設計,実用評価・解析など

Converting Components — 部材コンバーティング

印刷やコーティング、積層など、素材や二次加工品の特長を最大限に活かして、高い付加価値の加工品を提供する技術

精密印刷,塗工,加工制御技術,フォトリソ技術など

Materials Processing — 素材プロセッシング

顔料分散や微粒子の表面処理など、素材を加工・処理してインキやコーティング材として差別化する加工技術

分散,粘接着,レオロジー制御など

Specialty Materials — スペシャリティマテリアル

東洋インキグループを支えてきた色材、ポリマー、光機能性材料に代表される当社独自の素材を開発する技術

色材・機能材,機能性ポリマー,天然材料など
ページの上部へ

SCC-Ⅲにおける主要業績指標

  SCC-Ⅲ中計最終年度目標 2016年3月期実績
連結売上高 3,600億円 2,832億円
連結営業利益 360億円 185億円
営業利益率 10.0% 6.5%
海外売上高比率 50.0% 44.0%
  SCC-Ⅲ中計最終年度目標 2016年3月期実績
ROE 10% 5.9%
ROA 6% 3.4%
有利子負債額 500億円 673億円
  SCC-Ⅲ中計期間累計目標 SCC-Ⅱ中計期間累計実績
営業キャッシュフロー 800億円 535億円
設備投資 350億円 353億円
更新日:2016年06月29日