ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

東洋インキグループのCSR

CSR調達

東洋インキグループは、優れた製品をお客様に提供することで社会に貢献するとともに、お取引先に対しても公正で対等な調達活動を行うことで信頼関係を築き、ともに発展したいと考えています。また、公平・公正な購買取引を行うにあたり、「調達基本方針」「調達先選定基準」に基づいたCSR調達を推進しています。

調達基本方針

  1. 1. 公平かつ公正な取引
    私たちは、事業活動のための調達にあたり、広い視野に立ちお取引先と対等かつ公平な立場で取引を行います。
  2. 2. お取引先の選定
    私たちは、法令・社会規範の順守に加え、技術開発力をはじめ、品質・価格・納期・信頼性・提案力・情報提供力などの経済合理性、経営信頼性などを総合的に勘案し、適正な基準に基づいてお取引先を選定します。
  3. 3. 相互理解と信頼関係
    私たちは、お取引先との相互理解を深め、信頼関係を築き上げるよう努めるとともに相互の発展を目指します。
  4. 4. 襟を正した調達活動の実践
    私たちは、法令を順守し、企業倫理に基づき襟を正した調達活動を実践します。また取引先との個人的な利害関係を持ちません。
  5. 5. グリーン調達
    私たちは、お取引にあたり資源保護や環境保全などへの配慮を怠らず、地球環境の維持・向上に努めます。
  6. 6. 秘密保持
    私たちは、お取引において知り得た営業上および技術上の秘密はお取引先の承諾なしに第三者に開示いたしません。
  7. 7. お取引先のCSR
    私たちは、企業の社会的責任を念頭に、調達活動を実施いたします。特にILO労働基準・コンプライアンス・グリーン調達をお取引先選定の基準とし、またお取引先にも要求・指導をしてまいります。

私たち東洋インキグループは、CSR調達を通じて、サプライチェーンにおける遵法性の確保、労働環境・地球環境の改善に貢献したいと考えております。近年では、OECD多国籍企業行動指針、カリフォルニア州サプライチェーン透明法、英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)の枠組みにおいても、企業がそのサプライチェーンも含めて社会的責任を果たすことが求められています。私たちは、これを実現するため、お取引先と協働し、次の施策を実施してまいります。

  • 調達基本方針の周知
    日本国内におけるお取引先と締結する契約書に調達基本方針を盛り込み、これを共有しております。今後は、海外におけるお取引先にも、調達基本方針を共有し、これをご理解いただいたうえで東洋インキグループの調達活動にご協力いただけるよう、必要な活動に努めてまいります。
  • 検証、監査等
    今後、国内および海外におけるお取引先に対して、調達基本方針をご理解いただき、遵守いただくための検証作業、監査、問題が発見された場合の報告制度の整備、是正支援等を進めるよう努めてまいります。
  • 東洋インキグループ社員の理解深化
    東洋インキグループでは、全社員に対して東洋インキグループCSR憲章・行動指針を遵守するよう求めています。今後、これに加え、東洋インキグループの調達活動に関わる社員には、東洋インキグループのサプライチェーンにおいて強制労働や人身売買をはじめとする諸問題を排除するための対応方法に関する教育を行うよう努めてまいります。

調達先選定基準

  1. 1. 法令・社会規範順守
    法令・社会規範(児童労働・強制労働の禁止をはじめ、各国の法律、基準、条約など)を順守した経営がなされていること。
  2. 2. 品質
    当社の要求品質を満たしかつ安定した品質であること、また品質管理体制が充実していること。
  3. 3. 価格
    経済合理性のある妥当な価格であること、価格競争力があること。
  4. 4. 供給安定性
    当社が希望する納期を満たし、供給の安定性が確保されていること。
  5. 5. 経営基盤
    健全な事業経営が維持されていること。
  6. 6. 技術力
    当社の製品作りに貢献できる高い技術力を有していること。
  7. 7. サービス力
    当社に必要または有効な情報を適時・適切に提供できること。
  8. 8. 秘密保持
    当社との取引を通じて知り得た情報について、秘密保持できること。
  9. 9. 環境保護
    資源保護・環境保全に十分な配慮を行っていること。
  10. 10.CSRの取り組み
    CSR経営を実践していること。
更新日:2016年09月16日