ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

事業概要

パッケージ関連事業

●グラビアインキ ●フレキソインキ ●スクリーンインキ ●グラビア溶剤 ●グラビア機器・製版

私たちの身のまわりにあふれているさまざまなパッケージ製品の製造工程において、CO2やVOC(揮発性有機化合物)、石油系溶剤の削減など、環境や持続型社会への配慮は不可欠です。特に、食品包装などの軟包装分野においては、消費者の安心・安全のために、インキの無溶剤化や水性化が大きなニーズとなっています。

東洋インキグループは、東洋インキ株式会社を中核事業会社として、グループ各社でこれらパッケージ市場に取り組んでいます。代表的な製品である水性グラビアインキには、紙、フィルム、レトルト用など、さまざまな用途向けがラインアップされています。これらグラビアインキの開発や生産で培われたノウハウは、水性フレキソインキ製品にも水平展開され、薄紙や段ボールへの印刷や、用途に応じた水性接着剤、ホットメルト粘接着剤などとともに、幅広いパッケージ印刷・加工に活用されています。

また、製造年月日の改ざんや内容物による印字の剥落を防止するレーザマーキング剤や、紫外線による内容物の劣化を防ぐラミネートコート剤など、より安心・安全なパッケージの製造に欠かせない材料も提供しています。

さらに、印刷工程で発生したVOCを回収し、再生溶剤として再利用する溶剤回収型グラビア印刷システムや、高度なカラー分版でインキ使用量を削減できる製版システム、洗浄工程の不要なスクリーン製版システムなど、さまざまなシステムやノウハウで、お客様のパッケージ製造工程における環境調和や省エネ・省材に貢献します。

(2011年4月)
更新日:2014年04月01日